機能制御システム専攻

社会の急激な多様化・大規模化・情報化に伴って、社会、産業における諸システムは著しい変貌を遂げつつあります。21世紀の高度科学技術時代においては、VLSIを基盤にコンピュータと通信が有機的に結合して、データ通信、ファクシミリ、ビデオテックス、コンピュータ通信、テレビ電話から、動画像を中心とする映像通信時代へと発展し、あらゆる種類の情報収集、伝達、処理が瞬時に行われる時代となるでしょう。さらに人工知脳やロボティクスの技術が、これらの情報処理技術を基盤として大きく発展し、種々の機器やシステムの高度化された機能を制御するためのキーテクノロジーとなるでしょう。

このような情報処理・通信および制御技術のソフトウェアを実現するためのハードウェアは、半導体や超伝導体などを用いた高速デバイスや光素子などの素材技術に大きく依存します。また、人工知能やロボティクスの技術を発展させるためには、アモルファス合金や化合物半導体などの新素材を用いた機能デバイス、人工臓器・人工組織などの生体機能を模擬した流体デバイスなどの新技術の開発が重要となります。

本専攻では、上記の技術を総合して、各種の生産システムをはじめ、バイオメカニクス、メカトロニクス、マイクロマシン、医用・福祉機器システム、マンマシンシステムなどの分野に応用する機能制御システム設計工学の領域について、電気・電子、材料、化学、機械工学などの専門分野の研究者が協同して学際的な研究・教育に取り組みます。

具体的には、高度機能通信ネットワークの構成法、次世代アナログ集積回路や超高速化合物半導体デバイス、光デバイス、流体機能デバイス、磁性材料などの開発、バイオテクノロジーとシステム機能制御への応用、生体における流体の流動と物質移動現象、表面の生成メカニズムと加工基礎理論、電気油圧ロバスト制御などシステム設計基礎理論、マイクロマシンとライフサポートテクノロジーへの応用、これらを完成させるための生命機能制御の機構解明などの研究を推進します。

教育研究上の目的・理念・ポリシー

すべて開く
教育研究上の目的
20世紀の日本は、効率性及び利便性を重視し、利益向上を求めてモノづくりに励んできた。結果として環境破壊などの矛盾を抱えるに至った。現在、これらの矛盾を解消しつつ、自動車、ロボット、エレクトロニクス、情報通信などの分野で、日本は世界をリードする技術を有している。そして、それらの技術は益々複雑化している。今後のグローバル社会において、科学技術のリーダとして世界に貢献するには、対象を深く解析し理解する能力に加えて、複雑化する技術の全体像を掌握し、システム全体の調和を図ることの出来る高い設計能力と技術経営能力が必須となる。
例えば、東日本大震災直後に起きた原発事故では、社会における技術のマネジメント、実装と運用まで含めた社会における技術の利用に関するシステム化技術の重要性が再認識されるなど、再度実学教育を考え直す時期に来ています。これは同時に、世界的な価値観を身に付け、国際的に活躍できる研究者・技術者の育成が求められていることも意味している。
機能制御システム専攻では以上の背景の下に、グローバルな価値観を持ち、科学の真理を把握した上で実学に活かすことのできる優秀な研究者・技術者を養成するための教育研究を行うことを目的とする。本専攻は、通信機能制御、機能デバイス制御、システム制御、生命機能制御など、多くの教育研究分野を有し、学際的な教育研究を展開する。それにより、指導者の分野のみの教育研究に特化することなく、専攻全体が多様性をベースとした関連性を意識し積極的に連携しつつ、技術マネジメント基礎力や技術英語力、共通した価値観・倫理観などを兼ね備えた研究者・技術者の養成を目指す。
ディプロマ・ポリシー
機能制御システム専攻では、グローバルな価値観を持ち、科学の真理を把握できる優秀な研究者・技術者を養成するための教育研究を行うことを目的としています。本専攻は、通信機能制御、機能デバイス制御、システム制御、生命機能制御など多分野にわたりますが、専攻分野を掘り下げるだけでなく、技術マネジメント基礎力や技術英語力、共通した価値観・倫理観なども修めることを求めます。

学位審査基準

次の基準を満たした人に博士(工学又は学術)の学位を授与します。

本専攻において学位を取得するには、学位論文の提出に加えて、以下の基準を満たすことが求められます。

課程博士の学位審査基準
1.在籍期間
本研究科博士後期課程に3年以上在籍し,所定の研究指導を受けていること。ただし,優れた研究業績を挙げた者については,1年以上在籍すればよいものとする。
2.研究業績
(i)在籍期間中に学協会の審査のある学術論文誌に第一著者として投稿し、掲載された論文が原則として2編以上あること。ただし、同論文2編のうち1編は、審査のある国際会議のプロシーディングス2編(第一著者)に替えることができるものとする。
(ii) 論文誌掲載決定、国際会議発表決定のものは、それを証明する書類を添付すること。

論文博士の学位審査基準
1.大学を卒業後、研究開発業務を5年以上経験した者で、学協会の審査のある学術論文誌に第一著者として投稿し、掲載された論文が5編以上あること。ただし、満期退学者が再入学しないで博士の学位の授与申請を行うとき、審査が満期退学後2年以内に修了する場合に限り、研究業績に関しては課程博士の審査基準を適用する。ただし、ダブルディグリー協定に基づく交換留学生に対しては、課程博士における研究業績についての規程を学位審査基準として適用する。
2.論文誌掲載決定のものは、それを証明する書類を添付すること。
カリキュラム・ポリシー
機能制御システム専攻ではグローバルな価値観を持ち、科学の真理を把握した上で実学に活かすことのできる優秀な研究者・技術者を養成するための教育研究を行うことを目的としています。特に、通信機能制御、機能デバイス制御、システム制御、生命機能制御など多くの分野にわたる本専攻の特徴を生かし、指導者の分野のみに限られた教育研究を行うのではなく、専攻全体が多様性をベースとした関連性を意識したカリキュラムを組んでいます。また、近年の教育研究のグローバル化を鑑み、技術英語力の養成とともに教育研究成果の英文での発表能力の向上等、国際的に活躍できる研究者・技術者の養成を目指しています。
アドミッション・ポリシー
近年、科学技術のグローバル化が進み、「新しい科学技術による創造立国」をめざすことが極めて重要であり、そのためには、世界的な価値観を身につけ、国際的に活躍できる研究者・技術者の育成が求められています。
機能制御システム専攻では、グローバルな価値観を持ち、科学の真理を把握できる優秀な研究者・技術者を養成するための教育研究を行うことを目的としています。専攻全体が関連性をもちながら、技術マネジメント基礎力や技術英語力、共通した価値観・倫理観などを兼ね備えた研究者・技術者の養成を目指しています。
本専攻では、通信機能制御、機能デバイス制御、システム制御、生命機能制御に関連する分野で、以下の資質を有する人財を受け入れます。

•本専攻の教育目標を基に、研究を通して他分野も包含する専門知識や論理思考法を修得し、応用力の継続的向上をめざす人
•上記の分野の諸課題を発見し、課題にチャレンジし、解決しようという意欲のある人
•高い倫理観、技術英語力、プレゼンテーション能力を身につけ、多様な価値観・文化を理解し、国際的視点から社会に貢献しよういう意思のある人
•国内外の技術者・研究者と協力して高度な研究・技術開発の遂行をめざす人
•外国からの留学生
•企業等での豊富な経験を有し、自己研鑽を志す技術者、研究者

研究分野・研究室

部門 研究指導名 教員名
通信機能制御工学 通信機能制御工学特別研究
(研究指導)
通信機能制御工学特論
渡部 英二
宮田 純子
相場 亮
高橋 正信
齋藤 敦史
三好 匠
吉田 健二
中井 豊
上岡 英史
広瀬 数秀
神澤 雄智
田中 直彦
久保田 周治
田中 愼一
武藤 憲司
久保田 あや
森野 博章
行田 弘一
安村 禎明
山崎 憲一
井上 雅裕
松田 晴英
間野 一則
堀江 亮太
平川 豊
木村 元
ニコデムス レディアン
機能デバイス工学 機能デバイス工学特別研究
(研究指導)
機能デバイス工学特論
堀尾 和重
永山 勝久
本間 哲哉
六車 仁志
小池 義和
横井 秀樹
山口 正樹
弓野 健太郎
正木 匡彦
上野 和良
青木 孝史朗
石川 博康
増成 和敏
佐々木 昌浩
下条 雅幸
古屋 繁
湯本 敦史
石﨑 貴裕
前田 真吾
橋田 規子
吉武 良治
梁 元碩
芹澤 愛
松尾 繁樹
前多 正
富田 裕介
ブレーマ チャンドラ チンタカ
システム制御工学 システム制御工学特別研究
(研究指導)
システム制御工学特論
村上 嘉代子
吉原 正一郎
川上 幸男
宇佐美 公良
五十嵐 治一
陳 新開
山本 紳一郎
杉本 徹
足立 吉隆
高見 弘
松浦 佐江子
長谷川 浩志
長谷川 忠大
島田 明
春日 伸予
安齋 正博
佐伯 暢人
市川 学
伊藤 和寿
赤津 観
内村 裕
木村 昌臣
吉見 卓
福田 浩章
安藤 吉伸
細矢 直基
松日楽 信人
武藤 正義
小山 友介
福田 亜希子
亀子 正喜
翟 貴生
鈴木 達夫
竹内 慎吾
山崎 敦子
石渡 哲哉
米村 俊一
菅谷 みどり
伊東 敏夫
尾崎 克久
井尻 敬
清水 創太
長澤 純人
澤 武一
山澤 浩司
安孫子 聡子
中島 毅
野田 夏子
廣瀬 敏也
飯塚 浩二郎
生命機能制御工学 生命機能制御工学特別研究
(研究指導)
生命機能制御工学特論
吉見 靖男
濱崎 啓太
花房 昭彦
山本 創太
越阪部 奈緒美
福井 浩二
布施 博之
須原 義智
佐藤 大樹
渡邉 宣夫
加納 慎一郎
吉村 建二郎
二井 信行
赤木 亮太
廣田 佳久

その他データ

入学者推移(人)

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
入学者 13 16 16 18 15
男女比率 10:3 12:4 13:3
13:5 13:2

留年者数(人)

  2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
1年次




2年次




3年次 4 4 2 5 3
合計 4 4 2 5 3