機械工学専攻

本専攻では主要な部門として、9の部門を設置。(1)力学・材料部門に7の研究室(2)流体部門に3の研究室(3)熱・エネルギー部門に7の研究室(4)表面・加工部門に1の研究室(5)自動制御部門に5の研究室(6)人-機械系部門に5の研究室(7)ライフサポート部門に6の研究室(8)デザイン工学部門に3の研究室(9)生産・加工部門に3の研究室。学生はこれら9の部門の40の研究室のいずれかに所属して研究を行い、修士論文をまとめます。

教育研究上の目的・理念・ポリシー

すべて開く
教育研究上の目的
機械工学は、「モノづくり」を通じて、人類の生活とそれを取り巻く地球環境について持続可能な社会を築くための基盤となる工学分野です。機械工学専攻では、環境、エネルギー、安全・安心、利便性などの社会ニーズを的確に把握できる能力、多彩な専門知識を柔軟に適用し、グローバルな視点から物事を複合的に考察・判断できる能力を育成し、さらに、新しい分野を切り拓くチャレンジ精神と実践能力を身に付けることを目標としています。
機械工学専攻では9部門に分かれて研究指導コースが用意されており、各々基盤的な分野でのミクロな技術に関する研究から複合的な応用技術、システム技術に関するマクロな技術の分野まで幅広い研究教育が実践されています。また分野的にも、材料・構造力学、流体、熱・エネルギーなどの機械工学のベースから、ロボット、自動車、新エネルギーシステム、福祉工学、さらにバイオ関連や医療工学、デザイン工学などの複合的なモノづくりに関するシステム技術までをカバーしています。これらの研究を通じて、専門知識を学ぶだけでなく、技術者倫理を意識し自ら問題設定ができ、その解決へ向けて工学を実践できる、グローバルな視点で社会貢献できる技術者の育成を大きな目標としています。また具体的なテーマの課題解決プロセスを通じて、常に新しいものにチャレンジできる教育プログラムを組んでいます。
ディプロマ・ポリシー
 機械工学専攻では、専門科目教育・研究指導を通じ、専門知識を学ぶだけでなく、技術者倫理を意識し自ら問題設定ができ、その解決へ向けて工学を実践できる技術者、グローバルな視点で社会貢献できる技術者の育成を大きな目標としています。また具体的なテーマの課題解決プロセスを通じて、常に新しいものにチャレンジできる教育プログラムを組んでいます。
その目標達成のための修了要件を具体的に次のように定めています。
・専門知識・理解
理工学に関わる高度かつ幅広い専門知識を有し、学修の手引きで規定されている単位を取得していること。
・問題設定・問題解決能力
研究を進める際に、的確に問題設定をできる洞察力と柔軟な思考能力を有し、問題解決をする定量的かつ論理的思考力を有すると認められること。さらに、問題解決の達成度を自ら定量的に評価できること。
・意欲・実践能力
研究を進める際に、積極的に困難な課題解決へ向かうチャレンジ精神を発揮し、かつ的確に実践する能力を有していると認められること。
・コミュニケーション能力
グローバル社会に対応できるコミュニケーション能力を有していると認められること。
・倫理観
世界と社会の多様性を認識し、高い倫理観を有していると認められること
・総合力
研究成果として、独自性の高い学術知見を的確にまとめていること。
学会、協会など学術的活動社会において、研究内容・成果・作品を発表によって社会に発信すること。

学位審査基準

 以下の基準を満たすことで、修士(工学)の学位を授与します。
授業科目18単位以上を取得し、指導教員による研究指導(特別演習・特別実験の12単位)を受けること。
修士論文を提出し、その審査に合格すること。
その判定基準は、新規性、有用性、普遍性、工学的論旨、総合完成度の観点で評価を行い、100点満点中60点以上を取得することとする。

カリキュラム・ポリシー
 機械工学専攻では、次の方針に沿って教育を行います。
(1) 社会のニーズを的確に捉え、問題設定ができる能力を身につける。
(2) 問題解決において専門知識を適切に利用できる能力を身につける。
(3) 物事を様々な角度から捉え複眼的に考察する姿勢を身につける。
(4) グローバルな視点から問題解決に取り組む姿勢及びコミュニケーション能力を身につける。
(5) 新しい分野に挑戦する意欲的姿勢、豊かな教養と高い倫理観を身につける。
(6) 持続可能な社会を意識して問題解決にあたる姿勢を身につける。
(7) 上記に基づく質の高い教育を専攻内のすべての学生が受けられるよう、見直し・改善を継続的に行う。
アドミッション・ポリシー
 機械工学専攻では次のような学生を受け入れ、教育・研究指導を行います。
機械工学が「モノづくり」を通じて持続可能な社会を築くための基盤となる工学分野であることを理解する方。
理工学の様々な問題に対する知的好奇心を持ち、環境、エネルギー、安全・安心、利便性などの社会ニーズに応じて機械工学の専門性から貢献したいという意欲のある方。
機械工学専攻で学ぶことにより、様々なニーズのなかから機械工学としての問題設定ができる洞察力、それを解決するアプローチを企画できる論理的思考力、その計画に基づいて臨機応変に推進対応できるチャレンジ精神と実践能力を持つことを見込まれるポテンシャルがある方。
数学、物理などの基礎的な自然科学の知識、材料・構造力学、流体、熱・エネルギーなどの機械工学の専門知識と実践能力のある方。国際的な学術交流を行うための外国語の知識とコミュニケーション能力を有する方。
技術者としての倫理観を持ち、周囲のメンバーと協調しながら主体的に研究を進める人間力を発揮するポテンシャルのある方。

研究分野・研究室

部門研究指導名指導教員名研究室名
力学・材料・加工機械材料物性工学研究高﨑 明人物質工学研究室
機械動力学研究細矢 直基機械動力学研究室
最適システム設計研究長谷川 浩志最適システムデザイン研究室
粒状体力学研究佐伯 暢人粒状体力学研究室
固体力学研究坂上 賢一固体力学研究室
強度設計学研究橋村 真治材料強度学研究室
材料信頼性工学研究宇都宮 登雄耐環境構造工学研究室
材料加工学研究青木 孝史朗生産加工プロセス研究室
流体・熱・エネルギー熱流体工学研究角田 和巳エネルギー変換工学研究室
マイクロ熱流体工学研究丹下 学マイクロ工学研究室
流体応用工学研究諏訪 好英流体力・流体現象応用研究室
熱プロセス工学研究君島 真仁エネルギーシステム研究室
エネルギー環境工学研究矢作 裕司熱工学研究室
光エネルギー工学研究山田 純光エネルギー工学研究室
ラジャゴパランウママヘスワリ
エネルギー移動工学研究田中 耕太郎エネルギー・環境技術研究室
燃焼工学研究斎藤 寛泰燃焼工学研究室
熱流体理工学研究
白井 克明
熱流体理工学研究室
制御・情報・知能流体制御工学研究川上 幸男流体パワーシステム研究室
動的システム制御理論研究伊藤 和寿環境システム制御研究室
ロボット制御工学研究内村 裕機械制御工学研究室
知能機械システム研究松日楽 信人知能機械システム研究室
高性能制御工学研究島田 明モーションコントロール研究室
宇宙探査ロボット研究飯塚 浩二郎宇宙探査・テラ-メカトロニクス研究室
人間工学・ライフサポートヒューマンマシン インタフェース研究廣瀬 敏也ヒューマンマシンシステム研究室
生体機能工学研究山本 創太生体機能工学研究室
生物微小流体工学研究二井 信行生物微小流体工学研究室
デザインプロダクトデザイン研究増成 和敏デザイン史・デザイン文化研究室
吉武 良治ユーザーエクスペリエンスデザイン研究室
橋田 規子エモーショナルデザイン研究室
梁 元碩感性インタラクションデザイン研究室
櫻木 新哲学&デザイン研究室
日髙 杏子色彩・コミュニケーションデザイン研究室
蘆澤 雄亮デザインプロモーション研究室
形状創製工学研究安齋 正博形状創製工学研究室
機能材料工学研究吉原 正一郎表面デザイン工学研究室
機械加工学研究澤 武一金型デザイン工学研究室
ナノ・マイクロレーザー応用工学研究松尾 繁樹レーザー応用工学研究室
熱物質移動工学研究小野 直樹ナノ・マイクロ応用理工学研究室
マイクロロボティクス研究長澤 純人マイクロロボティクス研究室
知能材料学研究前田 真吾知能材料学研究室
中村 真吾
知能情報処理工学研究室
多重極限電子物性研究石井 康之多重極限電子物性研究室
計算統計物理研究富田 裕介計算物質科学研究室

専攻データ


その他データ

入学者推移(人)

 2015年度2016年度2017年度2018年度2019年度2020年度
入学者93102100848388
男女比率89:495:798:276:877:680:8