プログラミング言語研究室

Programming Language Research Group

プログラミングの効率改善をめざして

関数型言語に対する文脈に適した変数名補完

プログラミングをさまざまな側面からサポートするシステムに関する研究をしています。とくにプログラム変換、型理論等のプログラミング言語に関する基礎研究の成果を用いて、信頼性が高く効率の良いプログラムを作成しやすくなるようなシステムを構築することをめざしています。ここ数年は主に識別子補完、構文補完などのプログラム開発支援の基本的な機能について、仕様が明示された新たな方式を提案、実装しています。

工学部 情報工学科 / 理工学研究科 修士課程電気電子情報工学専攻 / 理工学研究科 博士課程機能制御システム専攻
プログラミング言語研究室
担当教員 篠埜 功
キーワード
プログラミング、ソフトウェア、アルゴリズム
研究室の場所
豊洲キャンパス研究棟 14F 14K32

この研究室が取り組んでいるSDGsの活動

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

学べる分野

  • 情報工学
  • 情報科学

社会のために

現在Eclipse等のさまざまな統合開発環境において変数名補完などの機能が実用化されていますが、将来はこのような基本機能も理論的根拠を持って提供されるようになると考えています。

研究テーマ

  • バッファオーバーフローの可視化に関する研究
  • C言語プログラムにおけるgoto文の除去に関する研究
  • 関数型言語を対象としたコードクローン検出手法に関する研究

研究分野に関連する研究室を探す