モータドライブシステム研究室

Motor Drive System Laboratory

モータ及びジェネレータの高効率化、小型軽量化、 高性能化

モータは「産業の筋肉」と言われ, 私たちの身の回りの家電製品をはじめ、ロポット、自動車、 飛行機の発展には欠かせない存在となっています。当研究室ではモータやジェネレータの高効率化、 小型軽量化、 高性能化をテーマとして構造、 駆動回路、 制御の観点から研究活動を行っています。具体的には、(1)電気自動車用インホイールモータシステムの研究、 (2)超高速モータの構造と制御技術の研究、 (3)脱レアアースモータの研究に取り組んでいます。

工学部 電気電子工学課程 電気・ロボット工学コース / 理工学研究科 修士課程電気電子情報工学専攻
モータドライブシステム研究室
担当教員 相曽 浩平
キーワード
モータ、発電機、パワーエレクトロ二クス、モータ制御

学べる分野

  • 電気機器学
  • パワーエレクトロニクス
  • 制御工学
  • 電磁気学

社会のために

モータの技術革新によって、アプリケーションの利便性・快適性向上、環境問題解決(CO2削減、省エネルギー化)を実現する

研究テーマ

  • 電気自動車用インホイールモータシステムの研究
  • 超高速モータの構造と制御技術の研究
  • 脱レアアースモータ

関連コンテンツ

研究分野に関連する研究室を探す