システム理工学専攻

システム理工学専攻では、現代社会の問題を複数分野の科学技術、文化・価値観、社会・環境、技術者倫理などを踏まえて柔軟に設定し、1.必修科目、2.研究指導・専修科目、3.選択科目、4.共通科目の修得により得られた自身の核となる専門知識、領域を越えた背景知識とシステム思考を基本にして、複数領域を横断した問題の発掘力と総合的問題解決力を有する研究者及びエンジニアの育成が目標です。

教育研究上の目的・理念・ポリシー

すべて開く
教育研究上の目的
現代社会の問題は、ひとつの専門分野の枠を越えています。その解決方法は、未来への確かな展望のもと、環境問題、資源問題、あるいは伝統的文化や価値観などとの調和を基本に据えて、さまざまな技術や科学的要素の関連づけにより総合的に形成されています。
システム理工学専攻では、現代社会の問題を複数分野の科学技術、文化・価値観、社会・環境、技術者倫理などを踏まえて柔軟に設定し、1.必修科目、2.研究指導・科目、3.選択科目、4.共通科目の修得により得られた自身の核となる専門知識、領域を超えた背景知識とシステム思考を基本にして、複数領域を横断した問題の発掘力と総合的問題解決力を有する研究者及びエンジニアの養成を目標としています。
ディプロマ・ポリシー
システム理工学専攻では、現代社会の問題を複数分野の科学技術、文化・価値観、社会・環境、技術者倫理などを踏まえて柔軟に設定し、自身の核となる専門知識、領域を超えた背景知識とシステム思考を基本にして、複数領域を横断した問題の発掘力と総合的問題解決力の獲得を目標にしています。修士課程に所定の期間在籍した者が、修士課程における必修科目、研究指導・科目、選択科目、共通科目の履修と修士論文作成を通して、上記の目標が達成されたと判定されるときに、芝浦工業大学は修士の学位、修士(システム理工学)を授与します。
その目標達成のための修了要件を具体的に次のように定めています。
(1)専攻必修科目の学修により、社会の問題解決に必要なシステム思考、システム工学の理論と手法、デザイン論、システムマネジメント技術を修得すること。
(2)専攻必修科目の特別演習を通じて、分野混成プロジェクトを成功させるためのコミュニケーション力やリーダシップ力を身に付けること。
(3)選択科目の学修により、専門的知識と体験を深めることにより専門的問題解決力を修得すること。
(4)多分野の技術について学修することにより、領域を超えた背景知識を獲得し、自身の核となる専門分野の知識と組み合わせて、社会で的確に活用できる能力を有していること。
(5)研究指導科目への取り組みを通じて、各自が設定した研究テーマを解明し、総合的解決策を導き出す能力を修得するとともに、修士論文の作成を通じて修得した知識の体系化能力を身につけること。
(6)共通科目の学修を通して、コミュニケーション力を身につけるとともに、個々の科学技術を総合して問題解決のための人間力を修得すること。また、社会に貢献するエンジニアとしての技術倫理観を修得すること。

学位審査基準

次の基準を満たした人に修士(システム理工学)の学位を授与します。修士学位審査基準は、次のように定めています。
・研究指導を受けた上、修士論文を作成・提出し審査に合格すること。
修士論文合格の判定基準は、「提出された修士論文について、1件以上の学会発表*を実施した内容が盛り込まれている、又は領域横断型研究の成果である、若しくは学会での発表と同等の成果**が盛り込まれていること」とする。
*:学会発表とは、学会の講演会・大会・研究会・シンポジウム、国際会議における発表、学会論文誌における論文、レターの掲載等
**:学会発表と同等の成果とは、特許等学会以外での成果、学会での発表・掲載に相当する内容
カリキュラム・ポリシー
教育研究上の目的を達成するために、以下の教育研究を実施します。
(1)必修科目の学修により、総合的問題解決を図る「システム思考」、目的達成のための機能をデザインする「システム手法」、問題解決の人・知識・技術を統合する「システムマネジメント」を、シンセシス(統合的な思想)主導による領域横断型の教育研究を通じて修得させます。また、この科目は、分野混成プロジェクトによる特別演習を伴い、その演習を通じてコミュニケーション力やリーダシップ力を身に付けさせます。
(2)機械・制御、電子・情報、社会・環境、生命科学、数理科学の5分野から、自身の専門的知識の核となる分野で研究指導・科目を定め、その分野に対する専門的問題解決力の修得を実現します。
(3)研究指導科目への取り組みを通じて、各自が設定したテーマを解明し総合的解決策を導き出す能力を修得するとともに、修士論文の作成を通じて修得した知識の体系化能力を身に付けさせます。
(4)すべての分野に対して、自身が必要とする知識を選択科目として履修、修得することを可能にします。この結果、領域を超えた背景知識が得られます。
(5)共通科目の学修を通じて、コミュニケーション力を身につけるとともに、個々の科学技術を総合して問題解決を実行するための人間力の修得、社会に貢献するエンジニアとしての技術倫理観を身に付けさせます。
アドミッション・ポリシー
分野横断型教育研究を特徴とするシステム理工学専攻は以下のような人物を求めます。
(1)身の回りにあるさまざまな「もの」や「こと」の仕組みや成り立ちに関心を持ち、そ
れについて深く考え、問題点を解明することに興味を持っている人。
(2)専門分野が異なる学生とチームを組んで課題に取り組むなど、システム理工学専攻における学問領域の枠を超えた演習科目に興味を持ち、主体的であり積極的に学修することに強い意欲を持っている人。
(3)システムを構成する要素のつながりを重視した付加価値のある「ものづくり」や「新たな枠組みづくり」に携わることを通じて社会に貢献しようという意志を持っている人。

研究分野・研究室

部門研究指導名指導教員名研究室名
機械制御システムデザイン研究長谷川 浩志最適システムデザイン研究室
渡邉 大デジタルエンジニアリング研究室
田中 みなみ工業デザイン研究室
ブイ ゴック タム
酒井 康徳

先端メカトロニクス研究足立 吉隆機械情報システム研究室
流体制御システム研究川上 幸男流体パワーシステム研究室
制御システム研究陳 新開システム制御研究室
運転支援システム研究伊東 敏夫運転支援システム研究室
細胞生理制御システム研究吉村 建二郎生体機械制御システム研究室
ロボティクスシステム研究飯塚 浩二郎宇宙探査・テラ-メカトロニクス研究室
電子情報信号処理システム研究渡部 英二信号処理システム研究室
医用超音波工学研究田中 直彦波動情報システム研究室
情報通信デザイン研究間野 一則情報通信デザイン研究室
情報ネットワーク工学研究三好 匠マルチメディア情報通信研究室
井上 雅裕組込みネットワークシステム研究室
除村 健俊
山崎 託
分散ネットワークシステム研究室
問題解決システム研究相場 亮知識処理システム研究室
鈴木 徹也制約処理システム研究室
ビジュアル情報処理システム研究高橋 正信画像応用システム研究室
宇宙観測システム研究吉田 健二宇宙観測システム研究室
久保田 あやX線天文学研究室
量子情報システム研究木村 元量子情報研究室
多様性コミュニケーション研究山崎 敦子多様性コミュニケーション研究室
コミュニティ情報システム研究
村上 嘉代子
観光・言語情報研究室
ソフトウェア工学研究松浦 佐江子ソフトウェア工学研究室
Materials for Energy and Environmentミリアラ ムラリダ
High-pressure Material Science Research山本 文子高圧科学研究室
Electronic Circuits and Systems Designニコデムス レディアン電子回路とシステム研究室
データ・シュミレーション研究市川 学データ・シュミレーション研究室
非線形システム研究
井岡 惠理
非線形システム研究室
認知システム研究
矢田部 清美
認知科学研究室
社会・環境社会デザイン研究中井 豊社会システム科学研究室
社会数理システム研究武藤 正義社会的相互行為システム研究室
経済システム論研究小山 友介経済システム分析研究室
谷田川 ルミ教育社会学研究室
環境システム研究磐田 朋子エネルギー・システム工学研究室
中口 毅博地域創生・環境政策研究室
技術経営システム研究
田中 秀穂
技術経営システム研究室
防災空間計画研究
中村 仁
防災空間計画研究室
ヤスミン バタチャリヤ

建築・都市環境研究
増田 幸宏
環境基盤研究室
生命科学生体制御システム研究渡邉 宣夫バイオ流体科学研究室
中村 奈緒子細胞制御工学研究室
生命創薬科学研究須原 義智創薬化学研究室
廣田 佳久生化学研究室
分子細胞生物学研究福井 浩二分子細胞生物学研究室
福祉支援システム研究花房 昭彦福祉人間工学研究室
山本 紳一郎ニューロリハビリテーション工学研究室
赤木 亮太生体機械学研究室
高木 基樹
生活支援ロボット工学研究室
食品科学研究越阪部 奈緒美食品栄養学研究室
環境生命科学研究布施 博之環境科学研究室
奥田 宏志科学技術教育システム研究室
アズハム ズルカルナイン
分子微生物学研究室
脳機能計測システム研究佐藤 大樹
応用脳科学研究室
医用高分子化学研究中村 朝夫超分子化学研究室
健康影響科学研究
矢嶋 伊知朗
分子細胞毒性研究室
数理科学応用数理研究亀子 正喜空間数理研究室
尾崎 克久数値解析研究室
松田 晴英離散数学研究室
福田 亜希子計算数理研究室
清水 健一構造数理研究室
井戸川 知之
応用数理研究室
数理制御研究翟 貴生協調制御研究室
数理物理研究鈴木 達夫数理物理研究室
中津 智則
金融工学研究室
非線形解析研究竹内 慎吾関数方程式研究室
榎本 裕子非線形数理研究室
数理解析研究石渡 哲哉現象数理研究室
複素偏微分方程式研究山澤 浩司数理デザイン研究室
数学科教育学研究
牧下 英世
数学科教育学研究室
高等教育開発研究
榊原 暢久

学科データ


その他データ

入学者推移(人)

 2015年度2016年度2017年度2018年度2019年度2020年度
入学者827375819188
男女比率72:1065:864:1173:874:1777:11