モバイルマルチメディア通信研究室

Mobile Multimedia Communications Laboratory

人にやさしい情報通信環境をめざして

NaviHat: 視覚障害者歩行支援帽子

コンピュータの存在を意識せず、いつでもどこでも情報アクセスが可能なユビキタスコンピューティング環境の実現に向けた情報通信の研究を行っています。最終的にはユーザを煩雑なコンピュータ操作から解放し、かつ、ユーザの要求を必要な時に正確に実行してくれる、満足度の高い知的情報通信システムの構築をめざします。たとえば、センサを用いてユーザの生体情報や身のまわりの環境情報を取得し、ユーザが必要としている情報やサービスを推定・提供するコンテクストアウェア・システムなどを探求します

工学部 情報通信工学科 / 工学部 先進国際課程 / 理工学研究科 修士課程電気電子情報工学専攻 / 理工学研究科 修士課程国際理工学専攻 / 理工学研究科 博士課程機能制御システム専攻
モバイルマルチメディア通信研究室
担当教員 上岡 英史
キーワード
マルチメディア、ネットワーク、ソフトウェア、情報ネットワーク、知的情報システム、ユビキタス、人間工学、感性工学、ユーザ満足度、人工知能、モバイル、UCD(ユーザー中心設計)、ヒューマンインターフェース
研究室の場所
豊洲キャンパス本部棟 11F 11F07

この研究室が取り組んでいるSDGsの活動

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

学べる分野

  • 情報工学
  • 情報科学
  • 情報通信工学
  • 通信工学
  • メディア工学

社会のために

次世代知的情報通信システムやマルチメディアシステムの分野で、付加価値のあるサービス実現に向けた技術を研究しています。卒業生は大学院にて、また、大手情報通信関連企業で活躍しています。

研究テーマ

  • 人工知能技術を用いた情報通信アプリケーションの研究
  • 生体情報を用いた知的情報システムの研究
  • ユーザ満足度を考慮した情報通信サービス品質の研究

研究分野に関連する研究室を探す