応用伝熱工学研究室

Heat Transfer Laboratory

微小な世界をセンシング&コントロール

微細温度センサ付き沸騰気泡発生装置

半導体製造技術を応用した物理化学的プロセス(MEMS加工)によって、とても小さなセンサやアクチュエータ(動力部品)をつくれるようになってきています。当研究室ではMEMS加工技術を用いて、微小な領域(10から100マイクロメートルオーダー)における物理現象をセンシングすることに取り組んでいます。具体的には、沸騰伝熱面における温度分布や圧力の計測を試みています。

工学部 機械工学課程 基幹機械コース / 理工学研究科 修士課程機械工学専攻 / 理工学研究科 修士課程国際理工学専攻 / 理工学研究科 博士課程地域環境システム専攻
応用伝熱工学研究室
担当教員 丹下 学
キーワード
エネルギー変換、流体力学、数値解析、マイクロマシン、メカトロニクス
研究室の場所
豊洲キャンパス研究棟 3F 03A32-b

この研究室が取り組んでいるSDGsの活動

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを

学べる分野

  • 機械工学

社会のために

当研究室では、今まで測ることのできなかったものを測ることをめざしています。

研究テーマ

  • 沸騰の流れ場・温度場・気液構造の非接触同時計測
  • スクラップ予熱過程の基礎研究
  • 流下液膜による延焼防止システムの構築

研究室クローズアップ

まだ新しい研究室です。研究対象はマイクロスケールですが、応用範囲は無限大。若い先生のもとさまざまな研究を行っていきます。3年次までに学んだ知識をフル活用し、自分で考え実行することのできる楽しい研究室です。

関連コンテンツ

研究分野に関連する研究室を探す