グローバルPBL

グローバルPBL

「世界で、世界と学ぶ」 
専門分野を英語で。
海外へ派遣、海外からの受入プログラム、ともに再開しました。

芝浦工業大学では、アクティブラーニング教育の一環として、従来から展開してきたPBL(Project Based Learning)を発展させ、国内外の協定校・企業・行政機関等とも連携して実施する「グローバルPBL」を積極展開しています。

「グローバルPBL」では、海外協定校の学生とプロジェクトチームを結成し様々な課題の解決に取り組みます。様々なバックグラウンドを持つチームメイトと英語で議論しながらプロジェクトを推進していくことで、実践的な課題解決スキルを身に付けることができます。

新型コロナウイルス感染症の流行時には、「オンライン・グローバルPBL」として、本学独自のCOIL(Collaborative Online International Learning)型教育の中核プログラムとしても積極的に実施してきました。「オンライン・グローバルPBL」を本格的に推し進めた2020年度、2021年度には、各年度30以上のプログラムが実施され、国内外から延べ2000名以上の学生が参加しました。そして、2022年度には新型コロナウイルス感染症対策を万全に整え、「オンライン・グローバルPBL」と並行して、従来の「派遣グローバルPBL」及び、「受入グローバルPBL」を再開し、約470名の芝浦学生が海外へ渡航し、約400名の海外協定校の学生を本学キャンパスに受け入れ、プログラムに参加しました。

今後も、芝浦工業大学の教育理念である「世界に学び、世界に貢献する理工系人材の育成」を達成するための中心プログラムとして、オンライン・対面を併用しながら積極的に展開していきます。

※募集は原則として各学科にて行われます。Scomb、メール、オリエンテーション、授業、研究室での案内等をご確認ください。
gPBL at HUST(派遣プログラム)
gPBL at SIT(受入プログラム)

年度別プログラム


お問い合わせ芝浦工業大学
国際部
〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5(豊洲キャンパス本部棟4階)
TEL 03-5859-7140 / FAX 03-5859-7141
E-mail kokusai@ow.shibaura-it.ac.jp