大学院 理工学研究科
Graduate-School
受賞・表彰
実務的な技術者の育成
理工学研究科は、専門分野のプロ意識を備え持ち、社会の新しい側面に対応できる能力と、それを即戦力として活用し社会貢献できる能力を養うことを教育理念としています。2017(平成29)年度からグローバル化に向けた高度教育を行うことを目的とした国際理工学専攻が新設されました。

学びの特色

理工学研究科では学生が学部で得た知識を活かし、自ら考え、行動できるようになるための能動教育を実践し、知識を技術にするための創造性を養います。また、3ヶ月から1年に渡る欧米協定大学への研究留学プログラムや、東南アジアのパートナー大学からの留学生受入れ、英語による講義など、グローバルな教育も展開。ますます国際化が進む社会において、蓄積した「知」を活用し、国際社会で活躍できる人材の育成を行います。

Point 1 Project-Based Learning(PBL)科目

実際に企業や地域との取り組みを通じて、課題を解決しながら実践的な人材育成をめざす教育を推進しています。企業や地域から与えられた課題を前に、どうすればビジネスになるのか、社会に貢献できるのかということを考え、アイデアと技術を組み合わせて企画立案。さらにプロトタイプを作り、実際に提案まで行います。また、大学院生が中心となってチームで取り組んだ成果を発表する場も用意されています。

Point 2 副専攻プログラム

それぞれの専門分野に国際技術経営工学、先端工学・技術経営融合型ワークショップ、国際インターンシップ、International Marketing、イノベーション・マネジメント論、知的財産経営論、Advanced Research Paper Writing & Presentation、科学コミュニケーション学といった「ビジネス開発専攻」を用意しています。ラインナップ豊富な講義で、これからの社会に必要な知識を効果的に養うことができます。

Point 3 東京海洋大学、お茶の水女子大学との単位互換

希望する学生には、東京海洋大学やお茶の水女子大学の大学院授業科目を聴講できる機会を設けています(東京海洋大学での授業も単位として認められます)。様々な授業を通じて、幅広い知識を身につけることができます。

Point 4 他専攻履修制度

芝浦工業大学の大学院では、選択している専攻のみならず、他専攻の授業も受けることが可能です。自身の専門分野だけでなく、より広い視野と知識を得ることにつながります。
理工学研究科特色01
理工学研究科特色02
理工学研究科特色03

教育研究上の目的・理念・ポリシー

すべて開く
教育研究上の目的

修士課程

 大学院修士課程では、専門分野における専門家としての知識と意識を持ち、社会の新しい側面に対応し、それを即戦力として活用でき、さらに持続型社会の構築に貢献できる技術者・研究者の育成を目指す。このような人材には、高度な専門知識に裏付けられた、問題発掘能力や定量的に問題を解決する能力、さらにはグローバル社会に対応できる能力が求められる。これらの能力が養われるように、大学院修士課程では、国際的に通用する幅広い見識と柔軟思考を両輪とする教育研究が展開される。

博士(後期)課程

 大学院博士(後期)課程では、研究者ポテンシャルの向上を目指して、大学院修士課程の修了者あるいは社会の第一線で活躍している技術者を対象に、豊かな学識を有する専門技術者及び研究者として育成することを目的とする。学際的観点から自己の専門分野を深めることにより、ソフト・ハード両面にわたって総合的な見地に立ち、システム全体の調和を図ること、及び持続型社会の構築に貢献できる能力の獲得を目指す。
さらに、産業界で活躍できる博士号取得者となることができるように、複眼的工学能力、技術経営能力、メタナショナル能力を併せ持つシグマ型統合能力人材の育成を行う。
 上記の人材養成を核とする大学院博士(後期)課程における教育研究は、大学の使命である研究推進を担う中核としての役割も担う。
ディプロマ・ポリシー

大学院課程

 芝浦工業大学は、理工学の基礎知識及び高度かつ幅広い専門分野の知識を活用して、持続型社会の実現のために世界の諸問題を解決できるとともに、建学の精神に謳われる社会に貢献する理工学人材にふさわしい能力を有し、修了要件を満たしたものに学位を授与します。

(学修・教育目標)
•世界と社会の多様性を認識し、高い倫理観を持った理工学人材として行動できる。
•問題を特定し、問題解決に必要な知識・スキルを認識し、不足分を自己学修し、社会・経済的制約条件を踏まえ、基礎科学と高度な専門知識を運用し、問題を解決できる。
•関係する人々とのコミュニケーションを図り、チームで仕事ができる。

理工学研究科

(修士課程)

 大学院理工学研究科修士課程では、世界の技術者・研究者と協働して持続型社会の実現のための世界の諸問題を解決できる技術者・研究者を養成することを目的としています。
上記の目的を踏まえ、本研究科の定める修了要件を満たし、かつ学業成績ならび学位論文審査の結果から、以下に示す知識・能力・資質を備えたと認めた者に、修士(工学、システム理工学、理工学または建築学)の学位を授与します。

・理工学に関わる高度かつ幅広い専門知識。
・柔軟な思考能力と定量的な問題の解決能力。
・グローバル社会に対応できるコミュニケーション能力。
・世界と社会の多様性の認識および高い倫理観。
 また、技術経営副専攻プログラムの講義科目を履修し、規程の単位を取得した場合は、技術経営副専攻プログラム認定書を授与します。

(博士課程)

 大学院理工学研究科博士(後期)課程は、世界の研究者・技術者と協働して持続型社会の実現のための世界の諸問題の解決、及び創造的な研究を独自に進めることのできる研究者・技術者を養成することを目的としています。
上記の目的を踏まえ、本研究科の定める修了要件を満たし、学業成績ならびに学位論文審査の結果から、以下に示す知識・能力・資質を備えていると認められる者に対し、博士(工学)の学位を授与します。また、学位論文の主要な内容に工学以外の要素を含む場合は、博士(学術)の学位を授与します。

・総合的な見地に立ち、システム全体の調和を図ることができる能力。
・創造性豊かな優れた研究推進・開発能力。
・高度な専門性を有する研究者となるための能力。
・グローバル社会に対応できる高度なコミュニケーション能力。
・世界と社会の多様性の認識および高い倫理観。
 また、技術経営副専攻プログラムの講義科目を履修し、規定の単位を取得した場合は、技術経営副専攻プログラム認定書を授与します。

【課程修了による博士号(課程博士)】

 博士(後期)課程に所定の期間在籍し、学則上の修了要件を満たした者が、博士(後期)課程における講義科目の履修と博士論文作成を通して、豊かな学識を有する専門技術者あるいは研究者として独り立ちできる資質を備えるに至ったと判定され、さらに、専攻の示す学位審査基準を満たした者に、博士(工学)の学位を授与します。また、学位論文の主要な内容に工学以外の要素を含む場合は、博士(学術)の学位を授与します。

【論文提出による博士号(論文博士)】

 博士(後期)課程に在学していない者で、大学卒業後に(修士課程修了者は修士課程在学期間を含めて)5年以上の研究開発業務に従事したもの、あるいはそれと同等の経歴を有すると理工学研究科委員会が認めたものは、論文提出により博士の学位の授与を申請できます。学位授与申請を受けて、理工学研究科では、申請者の学力及び提出論文の内容を審査します。その結果、申請者が博士(後期)課程修了者と同等以上の学力及び研究力を有し、かつ豊かな学識を有する専門技術者あるいは研究者として、すでに独り立ちしていると判定され、さらに、専攻の示す学位審査基準を満たした者に、博士(工学)の学位を授与します。また、学位論文の主要な内容に工学以外の要素を含む場合は、博士(学術)の学位を授与します。
カリキュラム・ポリシー

大学院課程

 芝浦工業大学は、学位授与の方針に掲げる高度な知識・スキル・能力・態度を修得させるため、大学院共通教育科目と専門教育科目を講義、演習、実験、実習により体系的に編成します。学生の主体的・能動的な学修・研究を促す教育・研究指導を実施し、その学修成果を多面的に評価し、学生の振り返りを促すことにより、学修・教育目標を達成します。

理工学研究科

 大学院理工学研究科修士課程では、ディプロマ・ポリシーに掲げる技術者を養成するため、以下の方針に基づきカリキュラムを編成しています。
・高度かつ幅広い専門知識の習得のために「専門科目」を配置します。さらには、英語による「専門科目」も配置し、グローバル社会で対応できる専門分野でのコミュニケーション基礎能力の養成を行います。また、学位取得に必要な「専門科目」の単位を英語のみで取得することも可能としています。
・指導教員による研究指導のもとで専門的な研究に取り組むために「研究指導」科目を配置します。「研究指導」では、研究計画の策定、研究関連論文の調査、指導教員との議論、国内外の学会等での発表、学術論文の発表等を行うことを通して、グローバル社会で活躍できる技術者・研究者の養成を行います。
・世界と社会の多様性の認識、倫理観やコミュニケーション基礎力を養成するために専攻横断型の「共通科目」を設置します。
・複眼的工学能力、技術経営能力およびメタナショナル能力を併せ持つシグマ型統合能力人材の育成を目的として「共通科目」の一部で構成される「技術経営副専攻プログラム」を設置しています。理工学研究科では本プログラムの履修を奨励します。

 大学院理工学研究科博士(後期)課程では、ディプロマ・ポリシーに掲げる研究者・技術者を養成するため、ソフト・ハード両面に渡り総合的な視点から専門性の研鑽ができるように以下の方針に基づきカリキュラムを編成しています。
・博士論文作成に必要な高度な知識や実験スキルの養成を行うため、「専門科目」を配置します。
・「研究指導」においては、指導教員による研究指導のもとで、研究計画の策定、研究関連論文の調査、指導教員との議論、国内外の学会等での発表、学術論文の発表等を行うことを通して、グローバル社会で活躍できる研究者・技術者の育成を行います。
・将来の自律した研究者・教育者の養成のために「プレFD科目」を配置します。
・また、複眼的工学能力、技術経営能力およびメタナショナル能力を併せ持つシグマ型統合能力人材の育成を目的として、修士課程の共通科目の一部の「技術経営副専攻プログラム」の履修を奨励しています。
アドミッション・ポリシー
大学院課程
 芝浦工業大学大学院へ入学を志望する受験生は、本学の建学の精神と以下に挙げる「求める人物像」を理解し、さらに各研究科・専攻の教育方針、カリキュラム、教育および研究の内容をよく理解して出願することが望まれます。

本学が求める人物像を以下に示します。
•本学での学修、研究を強く希望し、本学で自己成長・自己実現を成そうと希望する人
•数学および自然科学の基礎を学び、理工学と科学技術に対して強い興味関心を持ち、将来この学問を通じて我が国と世界の持続的発展に貢献しようという意思を持つ人
•大学において幅広い教養と経験、さらにコミュニケーション能力を身につけ、世界が多様であることを意識しながら市民社会の一員としての責務を自覚し、人類の進歩と地球環境の保全に尽くすとの気概を持つ人

上記に賛同し、本学大学院へ入学を希望する人は、学部等において以下の学修成果、能力等を身につけておくことが望まれます。
(1) 学部または大学院(修士)等において修得した基礎科学と専門知識
(2) 問題発見・解決等の能力
(3) 外国語を含むコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力およびマネジメント能力
(4) 主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ能力
本学においては、上記の学修成果、能力等を総合的・多面的に評価するため、多様な選抜方法により、人材を評価し選抜します。

修士課程
 大学院理工学研究科修士課程では、高度かつ幅広い専門知識と柔軟な思考能力を備え、世界の技術者・研究者と協働して持続型社会の実現のための世界の諸問題を解決できる技術者・研究者を養成するため、次のような入学者を求めます。
(1)本学での学修、研究を強く希望し、本学で自己成長、自己実現を成そうと希望する人
(2)学士レベルの基礎および専門知識を有し、向上心および好奇心が旺盛で、何にでも挑戦しようという意欲のある人
(3)工学倫理を遵守できる人
(4)外国語を含むコミュニケーション基礎能力、プレゼンテーション基礎能力およびマネジメント基礎能力のある人

博士課程
 大学院理工学研究科博士(後期)課程では、大学での研究推進と世界の研究者・技術者と協働して持続型社会の実現のための世界の諸問題を解決できる研究者の育成を目指して、国際的な幅広い見識および柔軟な思考能力を備えた高度な専門性を有する研究者や高度専門職業人を養成することを目的としています。
そこで、つぎのような入学者を求めます。
(1)本学での学修、研究を強く希望し、本学で自己成長、自己実現を成そうと希望する人
(2)大学院修士課程の修了者あるいは社会の第一線で活躍しており、高度な研究推進能力ある人
(3)創造的に新しい分野を積極的に開拓できる人
(4)工学倫理を遵守できる人
(5)外国語を含むコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力及びマネジメント能力のある人