数理科学科概要

社会のさまざまな問題に数理科学からアプローチ
複雑化する実社会の問題を解きほぐすには数理科学的手法が有効です。そこで、数学の基礎をしっかり学んだ上で、具体的な問題も見据えてシミュレーション技術などの応用力を身につけ、科学・工学の幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

研究分野・領域

基礎数理系
代数、幾何、解析を基本とする数学の基礎論理。高学年では高度な内容も。
応用数理系
関数方程式論、現象の数理、シュミレーションなど科学技術へ応用される科目。金融工学なども学ぶ。
システム・情報数理系
プログラミング演習、計算機代数などの情報系とシステム工学、最適制御理論などのシステム系科目

学びのキーワード

  • 数理科学的手法
  • 論理的思考力
  • 代数・幾何・解析
  • モデリング
  • シミュレーション
  • 最適制御
  • コンピュータサイエンス
  • プログラミング
  • 暗号理論
  • アクチュアリー
  • 金融工学

教員・研究者

教育研究上の目的・理念・ポリシー

すべて開く
教育研究上の目的
純粋数学の柱である代数学・幾何学・解析学を専門科目に設け、数学全般に関する知識と人類が長年にわたって培ってきた数学的手法の修得を必須とします。
また、科学技術や自然現象・社会現象に由来する諸問題への数理科学的アプローチの道具立てとして、応用数値解析、多変量解析、関数方程式論、モ デリングとシミュレーション、データ構造とアルゴリズム、計算機代数を中心とする応用数学科目を設置しました。さらに具体的な諸問題への取り組みとして、保険数学、金融工学、数理生物学、制御理論もカリキュラムに取り入れました。
このほか基礎数理セミナー、数理科学演習、数理科学セミナーにおいては 少人数での教育を行い、数理科学を自主的に考える能力、他人に伝える能力を養います。
ディプロマ・ポリシー
科学技術の発展に携わるには、幅広い知識とさまざまな分野の考え方を身につけることが必要です。とくに論理的な思考なくしては人々が信頼できる科学技術の発展などありえませんし、なかでも数学的な考え方は、論理的に議論を展開するために欠かせません。
数理科学科では、数理科学で用いられているさまざまな手法を熟知し、諸分野の発展に積極的に貢献できる人材の育成を目指します。以下の具体的目標に取り組み、卒業要件を満たしたものに学位を授与します。

(1)学部総合科目の学修により、幅広い教養を身につけるとともに、個々の科学技術を総合して問題の解決に取り組むシステム思考を修得していること。
(2)学部共通科目の学修により、エンジニアとしての基礎を固めつつ、社会の問題解決に必
要なシステム工学の理論と手法を修得していること。
(3)学部専門科目の学修により、数理科学の専門的知識と体験を深め、総合研究への取り組みを通じて各自が設定したテーマを解明し総合的解決策を導き出す能力を修得していること。
(4)社会に貢献するエンジニアとしての技術倫理観を修得していること。
カリキュラム・ポリシー
純粋数学の柱である代数学・幾何学・解析学を専門科目に設け、数学全般に関する知識と人類が長年にわたって培ってきた数学的手法の修得を必須とします。

また、科学技術や自然現象・社会現象に由来する諸問題への数理科学的アプローチの道具立てとして、応用数値解析、多変量解析、関数方程式論、モデリングとシミュレーション、データ構造とアルゴリズム、計算機代数を中心とする応用数学科目を設置しました。さらに具体的な諸問題への取り組みとして、保険数学、金融工学、数理生物学、制御理論もカリキュラムに取り入れました。

このほか基礎数理セミナー、数理科学演習、数理科学セミナーにおいては少人数での教育を行い、数理科学を自主的に考える能力、他人に伝える能力を養います。
アドミッション・ポリシー
数理科学科では、上記の教育内容、特色を十分理解した上、数理科学に関する強い意欲と情熱を持って積極的に勉学に取り組む人を求めます。とくに、以下のような進路を目指す人を求めます。

(1)製造業や環境調査関連業で他分野出身者と協調して設計・解析・予測に携わる数理エンジニア。
(2)高度なアルゴリズムの研究開発からプログラミングまでを担える情報技術者や金融工学の専門家。
(3)中学、高校の教員を含む教育関連分野に携わる者。
(4)数理科学の最先端で活躍する研究者。

上記に賛同し、本学科への入学を希望する人は、高等学校等において以下の能力、知識を身につけておくことが望まれます。
(1)数学及び関連する科目(理科諸科目、英語)の知識、技能。
(2)主として数学に関連する思考力、表現力、判断力。
(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度。
なお、本学科国際プログラムでは、上記に加え、留学を含む修了条件を満たすために所定の英語力を備えた学生の入学を求めています。

本学科においては、上記の能力等を総合・多面的に評価するため、以下の入学者選抜を実施します。なお、評価の重みづけ(配点等)は、各選抜方式の要項を参照してください。

•前期・後期・全学統一日程入試では、(1)を重視するとともに、記述式試験により(2)を評価します。
•大学入試センター利用方式では、多科目の合計点により(1)の総合的な能力を重視した評価を行います。
•指定校推薦および併設校推薦では、調査書により(1)(2)を評価し、面接により(1)(2)(3)を総合的に評価します。
•AO入試では、調査書により(1)(2)を評価し、試験および面接により(1)(2)(3)を総合的に評価します。
•外国人特別入試では、日本留学試験、外部検定試験等により(1)(2)を評価し、および面接により(1)(2)(3)を総合的に評価します。

学科データ

取得できる学位 学士(数理科学)
就学キャンパス 1~4年次/大宮
人数
専任教員数 12名
入学定員数 75名
学生数(女子内数) 321(46)名
大学院進学者数 12名(他大学院を含む)
留年数(2018年度) 17名

その他データ

入学者推移(人)

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
入学者 74 78 78 86 83
男女比率 60:14 66:12 69:9 70:16 72:11

留年者数(人)

  2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
1年次




2年次 1

1 1
3年次 1 13 8 8 16
4年次 9 8 4 2
合計 11 21 12 11 17

関連リンク