生命科学科 - 生命科学コース概要

「老化」をキーワードに生命の不思議を解明
老化や環境汚染など近未来に立ちはだかる生命科学諸問題を理解するため、基盤となる専門知識を身につけ、これを解決する方法を導きだします。誰もが充実した生活を送れるように、例えば認知症の原因追究と予防法の開発、環境汚染物質の微生物による分解法の開発など現代社会のニーズに合った研究に取り組みます。

研究分野・領域

生命科学コース
遺伝や老化という生命体にとって避けられない現象を解明する生化学、微生物学、生体高分子工学、食品栄養学、環境科学など。

学びのキーワード

  • バイオテクノロジー
  • 生物学
  • 薬理学
  • 遺伝子
  • 細胞
  • 微生物
  • 環境
  • 老化
  • 認知症
  • ホルモン
  • タンパク質
  • 酵素
  • 免疫
  • 有機合成
  • 細菌
  • 地球環境
  • 生理学
  • 生体高分子
  • 食品
  • 栄養

教員・研究者

教育研究上の目的・理念・ポリシー

すべて開く
教育研究上の目的
生命科学科では学位授与の方針(ディプロマポリシー)に掲げる能力を修 得させるため、生命科学コース、生命医工学コース、国際プログラム(生命医工学コース付属)の各コース共通および個別の専門科目による体系的な教育課 程を実施しています。
各コース共通の専門科目では、生命科学の基礎となる、人間の生体と生理、 免疫学、薬理学、微生物学、医学、解剖学、再生医療、医用機器、生命倫理 などを学修します。また実社会での体験やグローバルな観点での問題解決を 目指すインターンシップやグローバル研修を受講することも可能です。卒業 最終年度には、それまでに学修した専門的な知識や技術を基に、各自が設定 したテーマを解明し、総合的な解決策を導き出す能力を養成する総合研究を 実施します。

【生命科学コース】
バイオテクノロジー、生化学、生物学をベースに遺伝や老化という生物にとって避けられない現象を科学的に解明し、解決することを目指します。そのため、薬理学、医薬品合成化学、食品栄養学、生体高分子工学、細胞生理学、環境生物学などの専門科目が設けられています。また知識を体験により定着し、生命科学に関連する実験の技術を修得するため、生命科学基礎実験、 有機化学実験、生命科学実験を実施します。

【生命医工学コース】
機械工学や電気工学を融合したメカトロニクスによるものづくりをベースに、生命・生体機能を維持・回復させる装置や支援システムの開発を目指 します。そのため、材料力学、機械力学、流体力学など機械系、電磁気学、電子回路など電気系、制御工学、メカトロニクスなど制御系、その他生体力学、リハビリテーション工学、人工臓器、福祉支援工学など生体、医療福祉 系の幅広い範囲の専門科目が設けられています。また知識を体験により定着し、医療福祉機器の設計、製作、医工学に関連する計測とデータ処理の技術 を修得するための、機械設計演習、CADCAM演習、医療福祉設計演習などの演 習、医療福祉応用実験などの実験を実施します。
以上の授業科目において、学修・教育到達目標と到達目標を設定して、学修成果が一定のレベルに達した際に単位を付与します。

(両コース共通)
ディプロマ・ポリシー
生命科学科では、システム工学の理論と手法、および生命科学に関連する専門的知識と技術を用いて、グローバルな視点から、また技術倫理および生命倫理に従って、総合的に問題解決を計る能力を修得し、卒業要件を満たした学生に学位を授与します。

(1)学部総合科目の学修により、幅広い教養を身につけるとともに、個々の科学技術を総合して問題の解決に取り組むシステム思考を修得していること。
(2)学部共通科目の学修により、エンジニアとしての基礎を固めつつ、社会の問題解決に必要なシステム工学の理論と手法を修得していること。
(3)学科専門科目の学修により専門的知識と体験を深め、総合研究への取り組みを通じて各自が設定したテーマを解明し総合的解決策を導き出す能力を修得していること。
(4)人間の尊厳を尊重し、社会に貢献するエンジニアとしての生命倫理観、技術倫理観を修得していること。
カリキュラム・ポリシー
生命科学科では学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる能力を修得させるため、生命科学コース、生命医工学コース、国際プログラム(生命医工学)の各コース共通および個別の専門科目による体系的な教育課程を実施しています。

各コース共通の専門科目では、生命科学の基礎となる、人間の生体と生理、免疫学、薬理学、微生物学、医学、解剖学、再生医療、医用機器、生命倫理などを学修します。また実社会での体験やグローバルな観点での問題解決を目指すインターンシップやグローバル研修を受講することも可能です。卒業最終年度には、それまでに学修した専門的な知識や技術を基に、各自が設定したテーマを解明し、総合的な解決策を導き出す能力を養成する総合研究を実施します。

【生命科学コース】
バイオテクノロジー、生化学、生物学をベースに遺伝や老化という生物にとって避けられない現象を科学的に解明し、解決することを目指します。そのため、薬理学、医薬品合成化学、食品栄養学、生体高分子工学、細胞生理学、環境生物学などの専門科目が設けられています。また知識を体験により定着し、生命科学に関連する実験の技術を修得するため、生命科学基礎実験、有機化学実験、生命科学実験を実施します。

以上の授業科目において、学修・教育到達目標と到達目標を設定して、学修成果が一定のレベルに達した際に単位を付与します。
アドミッション・ポリシー
生命科学科では、人の老化に対して、その生理学的解明、薬品や食品の効用、環境因子、微生物などのバイオテクノロジー技術を駆使して科学的に解明するとともに、人工臓器、再生医療、医療ロボット、福祉機器、リハビリテーション手法などの工学的手法をベースにした基礎研究や装置開発をマッチングさせることで、生命の不思議に正面から立ち向かう教育と研究を進めています。

生命科学科では特色のある生命科学コース、生命医工学コースと生命医工学コースに付属する国際プログラムから成り立っています。バイオテクノロジーをベースとし、老化という現象を科学的に解明することを目指す「生命科学コース」では、生命科学科の教育内容や特色を理解した上で、以下のような人材を募集します。

【生命科学コース】
バイオテクノロジー、薬理学、生物学をベースに遺伝や老化という生物にとって避けられない現象を科学的に解明することを目指し、人体の不思議・生命の謎に立ち向かう人材。

上記に賛同し、本学科への入学を希望する人は、高等学校等において以下の能力を身につけておくことが望まれます。
(1)高等学校等の課程で学ぶ知識・技能(特に外国語、数学、理科)
(2)思考力・判断力・表現力等の能力
(3)主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ能力
なお、両コースの国際プログラムでは、上記に加え、留学を含む修了条件を満たすために所定の英語力を備えた学生の入学を求めています。

本学科においては、上記の能力等を総合・多面的に評価するため、以下の入学者選抜を実施します。なお、評価の重みづけ(配点等)は、各選抜方式の要項を参照してください。

•前期・後期・全学統一日程入試では、(1)を重視するとともに、記述式試験により(2)を評価します。
•大学入試センター利用方式では、多科目の合計点により(1)の総合的な能力を重視した評価を行います。
•指定校推薦および併設校推薦では、調査書により(1)(2)を評価し、面接により(1)(2)(3)を総合的に評価します。
•AO入試では、調査書により(1)(2)を評価し、試験および面接により(1)(2)(3)を総合的に評価します。
•外国人特別入試では、日本留学試験、外部検定試験等により(1)(2)を評価し、および面接により(1)(2)(3)を総合的に評価します。

学科データ

取得できる学位 学士(工学)
就学キャンパス 1~4年次/大宮
人数
専任教員数 7名
入学定員数 58名
学生数(女子内数) 227(91)名
大学院進学者数 44名(他大学院を含む)
留年数(2018年度) 12名

その他データ

入学者推移(人)

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
入学者 119 111 117 135 109
男女比率 81:38 70:41 76:41 85:50 69:40

留年者数(人)

  2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
1年次 1
1

2年次




3年次 5 10 12 5 11
4年次 6 3 1 1 1
合計 12 13 14 6 12

関連リンク