化学・生命工学コース

コース概要

有機・無機化学の研究に加え、脳やDNAなど⽣命の謎も究明

化学・⽣命⼯学コースでは無機化学から、有機化学、⾼分⼦化学や⽣命現象までの化学の各分野で幅広く教育、研究を展開します。1年次から化学の専⾨科⽬、基礎的な実験科⽬を履修します。
2・3年次では講義と実験で化学をさらに深く学んでいきます。3年次の研究室配属から4年次にかけて最先端の研究を実施します。より⾼度な研究者を志す場合は、⼤学院で研究を継続、発展させます。

研究分野・領域

有機化学系

有機化合物の構造・合成と諸反応、機能性有機化合物など

無機化学系

原子・分子の構造や化学的な性質との関連性、無機化学と生命・環境・産業との境界領域など

生物化学系

環境化学、生物物理化学、生命現象の化学的・物理的変化、生命工学など

分析化学系

各種の化学平衡と分析化学への応用、分光学など

化学工業系

化学プロセスの設計、反応装置の設計法、物質分離の原理と方法など

高分子材料系

高分子の合成、高分子の構造と特性など

物理化学系

化学熱力学、量子力学、計算化学、電気化学、光化学、界面化学、コロイド化学など

学びのキーワード

  • 有機化学
  • 無機化学
  • 遺伝子
  • 生体情報
  • 計算化学
  • バイオセンサ
  • ナノテクノロジー

カリキュラム

教員・研究者

コースデータ

取得できる学位
学士(工学)
就学キャンパス
1・2年次/大宮  3・4年次/豊洲
人数
教員数
入学定員数
208名
学生数
大学院進学者数
-

その他データ

入学者推移(人)

2024年度
入学者
-
男女比率
-

関連リンク