デジタルエンジニアリング研究室

デジタル技術を駆使して工学的問題を解決する

なぜそんなことが起きたのか?現象やプロセスをより深く理解するために、あるいはより優れた機能を持つものはどういったメカニズムにすればよいか?今までにない機能を持ったより洗練されたものを開発するために、CAD、CAE、CAMといったコンピュータ技術をフルに駆使して設計、解析、製作を行うことで幅広く問題を解決することを目的とした研究室です。
デジタルエンジニアリング研究室脳動脈瘤ステントの留置シミュレーション
システム理工学部機械制御システム学科
担当教員
渡邉 大
所属学会日本機械学会/自動車技術会/日本計算工学会
キーワード医用工学、CAD、自動車、構造力学、数値解析

学べる分野

材料力学、連続体力学

社会のために

シミュレーションによる交通事故解析や、事故時の人体への傷害評価などは自動車の安全技術に生かされています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室