生体機械制御システム研究室

力を感じ、運動を制御する

生き物が「力」や「変形」を感じる機械受容は、触覚・聴覚・平衡感覚など、さまざまな重要な感覚の基礎となっています。機械受容は、さらに、細胞の分化などの多種多様な生体機能に影響することが近年明らかになってきており、メカノバイオロジーという新しい学問分野を形成しています。当研究室では、細胞が機械刺激を感じる機構、受容した情報の処理機構、その情報に基づいた運動の制御機構を研究しています。
生体機械制御システム研究室細胞運動の代表的実験材料のクラミドモナス
システム理工学部機械制御システム学科
担当教員
吉村 建二郎
所属学会米国 Biophysical Society/日本生物物理学会/日本比較生理生化学会
キーワードバイオセンサ、バイオテクノロジー、バイオナノテクノロジー、細胞工学、制御システム、基礎生物学、タンパク質、DNA、遺伝子工学

学べる分野

生物学、生命科学、生物工学、生物物理学

社会のために

バクテリアの機械受容分子は、直径数ナノメートルの物質透過孔をもつ「ナノバルブ」としての機能が注目されています。薬剤を患部に届ける薬物送達システムへの利用をめざして開発を進めています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室