建築構造システム研究室

建築・都市・環境の基盤となる最先端建築構造システム(超高強度SFRC構造、木質制震構造等)の探求

建築構造システム研究室では、建築・都市・環境の基盤となる最先端の構造システムとして超高強度(鋼繊維補強)コンクリート構造、高強度CFT構造および、プレキャスト構造システムに関する研究を行っています。加えて、地域の基幹産業と連動し資源循環型材料の研究をグローバルな視点から推進していきます。そして、これらの最先端(Edge)研究に積極的に取組むことにより、次代を担う人材を輩出したいと考えています。
R学科石川先生_記事トップ用
システム理工学部環境システム学科
担当教員石川 裕次
所属学会日本建築学会/日本コンクリート工学会/日本鉄筋継手協会
キーワード建築構造、耐震構造、制震構造、鉄筋コンクリート構造、CFT構造、木質構造、超高層建築、繊維補強コンクリート、プレキャスト構造

学べる分野

​●建築学
●土木工学
●材料工学
●都市工学

社会のために

​最新の建築構造システムを、グローバルな視点に立ち、現在および将来を見据えた建築・都市・環境・まちの基盤構築に役立てたい。そして、その活動範囲を、日本のまち・都市からアジア・オセアニアを中心とするグローバル社会に拡張しするとともに、次代を担う人材を輩出したい。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室