地域創生・環境政策研究室

地域の環境資源や人材を生かした元気なまちをつくろう

当研究室は、人口減少や産業の衰退に悩む、地方の農山村を中心とする“地域おこし”や、環境資源を活用した経済活性化などを通して、持続可能なまちをつくるプロセスや効果について調査・研究しています。そのために、自然環境保全、自然エネルギー活用、ごみ減量、商店街活性化、交通網整備などの政策提案や、幼児から高校生までの野外・地域学習の支援による地域づくりの担い手育成などに実践的に取り組んでいます。
地域創生・環境政策研究室環境先進都市ドイツ・フライブルク市にて
システム理工学部環境システム学科
担当教員
中口 毅博
所属学会環境科学会/日本計画行政学会/日本環境教育学会
キーワード環境改善、地域活性化、低炭素社会、交通計画、エコロジー、住民参加、循環型社会、省エネルギー、地域計画

学べる分野

地理学、教育学、生活科学、総合科学、環境工学

社会のために

農山村で“地域創生”に参画し、インタビューやアンケート、データ分析を通して環境政策や持続可能な地域づくり政策の効果や成功の秘訣を提供することで、行政や住民の効果的な活動の推進に役立っています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室