防災空間計画研究室

多様性とレジリエンスに富んだ都市・地域へ!

日本や世界の多くの都市・地域が地震による建物倒壊、火災延焼、津波などの脅威にさらされています。また、大型台風や集中豪雨による水害も頻発しています。防災空間計画研究室では、災害に対する安全性が高く、魅力と活力に溢れた都市や地域を実現するための空間計画、環境デザイン、社会的な仕組みなどを多面的に研究し、実践にいかします。
防災性の向上だけを目標とするのではなく、多様性とレジリエンス(適応する力、変化する力)に富んだ「生き生き」とした都市・地域(まち)をどのように育んでいくか、という点を特に重視しています。
地域安全システム研究室大規模水害のイメージを3Dで検討
システム理工学部環境システム学科
担当教員
中村 仁
所属学会日本都市計画学会/日本建築学会/土木学会/地域安全学会/都市住宅学会
キーワード防災、都市計画、まちづくり、安心、安全、地域活性化、地域計画、地域コミュニティ、都市再生、都市デザイン

学べる分野

建築学、土木工学、地域安全システム学、住居学、社会学

社会のために

洪水、地震、火災、火山噴火などの災害リスクと対応策を詳細な調査・分析をもとに検討し、都市・地域の魅力や潜在力を生かした新しい計画・デザイン手法を追及して、社会での実現に貢献します。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室