関数方程式研究室

解けない方程式から新しい関数を発見する

三角関数や指数関数などの大学初年次までに学ぶ様々な関数は初等関数とよばれ、変化や形状を定式化するための基本となります。しかし、振り子の大きな振動やまわっている縄跳びの形など、特殊関数なるものを用いないと定式化できないものも多くあります。本研究室では、然るべき関係式(関数方程式、特に微分方程式)について、その数理構造と解の存在性や性質を研究することにより、個性的な特殊関数の発見と応用を目指しています。
関数方程式研究室「直線的」とは限らないのが非線形
システム理工学部
数理科学科
担当教員
竹内 慎吾
所属学会日本数学会/米国数学会/数学教育学会
キーワード微分方程式論、関数解析学、非線形、関数、解析学、数学教育、数理科学、方程式、理論

学べる分野

数学

社会のために

数学は、私たちの生活やその背景にある科学の中に現れる共通した考え方を抽象化したものです。「手に職をつける」のが工学であれば「脳に色をつける」のが理学であり、中でも数理科学科の卒業生は幅広い活躍が期待できます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室