マルチメディア情報通信研究室

ユーザ中心の情報ネットワークを実現しよう

スマートフォンを使っていつでもどこでも接続することができるインターネットは、私たちの生活をとても便利にしてくれています。当研究室では、より便利で快適な情報通信サービスの実現に向けて、位置情報を活用したユーザ中心のネットワークの実現を目指して研究活動をしています。自分の居場所を中心に自動的に構成されるコミュニティネットワーク、災害時など通信インフラが遮断された際にも自律的に接続できるアドホックネットワーク、車両同士が互いの位置を確認しながら安全に走行できる車車間通信,自分の身の周りのものがネットワークにつながるIoTなど、生活を豊かにする情報ネットワーク技術を私たちと一緒に研究しましょう。
マルチメディア情報通信研究室スマートフォン用通信システムを開発中!
システム理工学部電子情報システム学科
担当教員
三好 匠
所属学会電子情報通信学会/米国電気電子学会(IEEE)/ヒューマンインタフェース学会/日本工学教育協会
キーワードインターネット、情報ネットワーク、マルチメディア、IoT(Internet of Things)、ユビキタス、耐災害ネットワーク、データ分析、機械学習、地域コミュニティ

学べる分野

情報科学、情報工学、通信工学

社会のために

当研究室の研究成果は、インターネットなどの情報通信ネットワークの根幹をなすものがほとんどです。通信部分の多くは目で見えませんが、縁の下の力持ちとして人々の快適な通信を支えています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室