電子回路とシステム研究室

今と未来を支える電子回路

IoTの普及を原動力として、日常生活にウェアラブル機器を含め、様々な電化製品がインターネットに接続され、情報収集端末の役割をしています。自然界にある信号(情報)をディジタル化するためにはその信号を取り込むためのセンサやアナログ回路が不可欠です。また,携帯機器やスマートタグ、体内埋込チップなどにおいてはコンタクトレスで電源供給や充電できることが求められて来ました。本研究室では、今そしてこれから生活を支える電子回路とシステムを提案しています。
nicodimus
システム理工学部 電子情報システム学科
担当教員
ニコデムス レディアン
所属学会 電子情報通信学会,電気学会,IEEE
キーワード 電子回路、集積回路、アナログ信号処理、生体信号計測、離散時間回路と信号処理

学べる分野

電子工学,情報工学,通信工学

社会のために

等研究室の研究成果は日常生活に欠かせない電化製品の改良や生体信号を扱う機器の高性能化などを実現します。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室