生化学研究室

研究を通して生命現象の本質を理解する!

私たち日本人が普段から食する納豆には、ビタミンKが沢山含まれています。私たちにとって馴染み深いビタミンKですが、生体内ではどのように利用されているか、詳細は明らかではありません。当研究室では、分子生物学的な手法を用いて、ビタミンKを中心とした脂溶性ビタミンの生体内代謝機構の解析を行うと共に、骨粗鬆症やアルツハイマー病などの加齢性疾患に対する脂溶性ビタミンの役割を評価しています。
生化学研究室動物や細胞を用いた生化学・分子生物学研究
システム理工学部
生命科学科(生命科学コース)
担当教員
廣田 佳久
所属学会日本生化学会/日本薬学会/日本ビタミン学会
キーワード脂溶性ビタミン、分子栄養学、創薬、遺伝子改変、脳神経変性疾患、骨疾患、酵素、代謝

学べる分野

薬学、生命科学、食物・栄養学、生活科学

社会のために

細胞培養から動物実験まで生化学的なアプローチを研究し、習得することによって製薬企業や食品企業などの生命科学分野での活躍が期待できます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室