食品栄養学研究室

食生活を通じて、アンチエイジングに取り組む

食品に含まれるポリフェノールやカロチノイドなど微量な成分が、老化の遅延や生活習慣病の発症予防に効果があることが明らかになってきています。当研究室では、どのような成分がどのようなメカニズムでその作用を発揮するかについて検証していきます。その成果は、健康の維持増進作用を有する新たな食品の開発に利用されることが期待されます。
食品栄養学研究室食生活を通じてアンチエイジングに取り組む
システム理工学部
生命科学科(生命科学コース)
担当教員
越阪部 奈緒美
所属学会日本農芸化学会/日本酸化ストレス学会/日本フードファクター学会
キーワード医療、ポリフェノール、脳-消化管軸、ロコモーティブシンドローム、メタボリックシンドローム

学べる分野

食品栄養学、公衆衛生学

社会のために

メタボリックシンドローム、ロコモーティブシンドロームや認知症の予防のための食品をメーカーと共同研究しています。美容食品の開発におけるシーズ(種)として食品・化粧品会社に活用されています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室