細胞制御工学研究室

材料を使って臓器や組織の再生を導く

医療現場では様々な材料が使われています。材料と一言で言っても、構造や硬さ、表面の滑らかさなど様々です。当研究室では、バイオマテリアル、組織工学、再生医療をキーワードに、生体内外での材料と細胞の関係性について明らかにしたいと考えています。また、基礎的な研究から得られた知見をもとに、細胞の機能を制御できるような材料を用いて、臓器や組織の再生をめざします。
細胞制御工学研究室細胞を使って材料を評価しています
システム理工学部
生命科学科(生命医工学コース)
担当教員
中村 奈緒子
所属学会日本バイオマテリアル学会/日本再生医療学会/日本人工臓器学会/日本高分子学会、日本炎症再生医学会/ライフサポート学会/Tissue Engineering & Regenerative Medicine International Society(TERMIS)
キーワードバイオマテリアル、再生医療、医用工学、人工臓器、生体材料、医療

学べる分野

生体材料学、医用生体工学、生命科学

社会のために

医工学分野における材料研究は、再生医療の応用や新たな治療方法の開発だけでなく、医学や歯学をはじめとする様々な研究領域に広く貢献できると考えています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室