高温物理化学研究室

High-Temperature Physical Chemistry

"熱物性と構造 "の観点から脱炭素化に貢献する

Since materials that appear at high temperatures have complex microstructures, studies are conducted from the viewpoint of "thermophysical properties × microstructure. In this laboratory, process research is conducted to utilize and control the heat generatedat high temperatures, such as in steel manufacturing processes, and thermophysical property research is conducted to evaluate accurately how the generated heat is transferred. In addition, research is also expanding into the fields of aerospace.

工学部 物質化学課程 環境・物質工学コース / 理工学研究科 修士課程材料工学専攻 / 理工学研究科 博士課程地域環境システム専攻
高温物理化学研究室
担当教員 遠藤 理恵
キーワード
熱物性、熱抵抗、金属、酸化物

この研究室が取り組んでいるSDGsの活動

  • 気候変動に具体的な対策を
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任

学べる分野

  • 材料工学
  • 物理化学
  • 熱力学
  • 固体物理学

社会のために

脱炭素に向けて、「熱」の観点から課題に取り組んでいます。私たちの生活に必要不可欠なエネルギーは、究極的には熱エネルギーとなって排出されるからです。特に鉄鋼製造などの高温プロセスでは大量の熱が発生しています。この熱を利用し,制御する技術が求められています。

研究テーマ

  • 鉄鋼製造の高温プロセスに関わる酸化物の熱物性
  • 鉄鋼製造プロセスのサーマルマネジメント
  • 惑星探査機のための熱物性計測

関連コンテンツ

研究分野に関連する研究室を探す