ヒューマンマシンシステム研究室

人間にとって安全・安心な機械システムの構築

安全・安心な機械システムの構築は、人間と機械を別々に扱うのではなく、人間の特性と機械の特性を複合的に扱うことで実現します。それを『ヒューマンマシンシステム』と呼んでいます。当研究室では、ヒューマンマシンシステムの考え方を用いて安全で快適な運転ができる未来の自動車の研究を行っています。実験には、バーチャルリアリティの技術を用いて開発したドライビングシミュレータを使っています。
ヒューマンマシンシステム研究室ドライビングシミュレータ モーション装置(左下)
工学部機械機能工学科
担当教員
廣瀬 敏也
所属学会日本機械学会/日本人間工学会/自動車技術会
キーワードマン・マシン・インターフェース、交通安全、自動車、安心、安全、シミュレーション、車々間通信、人間工学、バーチャルリアリティ、ヒューマンファクター

学べる分野

機械工学、システム工学

社会のために

交通事故死亡者数は、減少傾向にあるものの依然として多くの人命が失われています。ヒューマンマシンシステムの考え方に基づく自動車の高度化により多くの人命を救うことをめざします。

研究テーマ

研究室クローズアップ

研究室では主に運転者が安心して乗れる未来の自動車システムについて研究しています。また学生同士の交流も多く、全員で協力して実験・発表を行います。定期的な審査の準備のための合宿に行くなどメリハリがあり、明るい研究室です。

関連リンク

関連する研究室