生産加工プロセス研究室

材料の特性を引き出して最適形状に加工

私たちのまわりにある多くの「もの」は、型を用いて素材を成形し、生産されています。今、私たちの生活をより豊かにする「もの」には、さらなる高付加価値化が求められています。当研究室では、力を加えて成形し「もの」を製造する塑性加工の研究を行っています。材料成形時の特性変化を有効に利用し、望まれる性質と形状をあわせ持つ優れた「もの」の製造技術の開発を行い、社会への貢献をめざしています。
生産加工プロセス研究室応力腐食割れしたステンレス鋼板の蛍光探傷
工学部機械機能工学科
担当教員
青木 孝史朗
所属学会日本塑性加工学会/軽金属学会/精密工学会
キーワード加工、接合技術、工作機械、金型、CAD、合金、新素材、生産システム、力学

学べる分野

機械工学、材料工学

社会のために

金属材料は一度に大きく変形すると強度などが向上します。高強度化した材料を使えば「もの」は軽く、小型化できます。これを応用してマイクロマシン用のフレーム材の開発などもめざしています。

研究テーマ

研究室クローズアップ

研究室には旋盤やフライス盤などさまざまな工作機械があります。アルミニウムやステンレスから、製品の形にする最適な加工方法を見つける研究を行っています。実際に工作機械を動かしてみたいという人におすすめです。

関連リンク

関連する研究室