熱工学研究室

Never Give Up!

燃焼現象は人類に身近なものとして大いに利用されており、燃焼現象により得られた熱エネルギーはさまざまなエネルギー形態として用いられています。年々増加するエネルギー消費量の拡大は深刻な環境問題を生み出していますが、主要供給エネルギーはやはり炭化水素燃料に頼らざるを得ません。当研究室では有限かつ貴重な資源を有効に利用するために燃焼現象について基礎的な研究を行っています。
熱工学研究室
工学部機械工学科
担当教員
矢作 裕司
所属学会日本機械学会/日本燃焼学会/国際燃焼学会(TheCombustionInstitute)
キーワード動力、燃焼、次世代エネルギー、エンジン、環境

学べる分野

機械工学、環境工学、エネルギー工学

社会のために

研究成果は、自動車のエンジンおよびガスタービンの燃料消費率向上や有害燃焼廃棄物抑制などに役立っています。研究室OBは自動車メーカー(例えば本田技研工業(株)、(株)SUBARU、スズキ(株)など)に就職しています。

研究テーマ

研究室クローズアップ

私たちは燃焼や高温流体の研究を行っています。実験にはレーザーを用いるため、高い注意力と知識が必要とされます。毎週のミーティングでは、先生、学生分け隔てなく活発な議論が展開されています。

関連リンク

関連する研究室