材料物理研究室

国内外から高い評価を得ている信頼性に関する研究

当研究室では、独自に開発した試験装置により、マイクロサイズの材料の強度を計測・解析し、その結果をコンピュータシミュレーションを通して、様々な工業製品の設計に応用しています。研究室で開発された技術は国際規格になるなど国内外より高い評価を得ています。最近では、当研究室の成果が、身近な電子機器、また、電車や電気自動車のパワーユニットの設計開発に応用されています。
材料物理研究室マイクロ力学試験とミクロスケール解析
工学部材料工学科
担当教員
苅谷 義治
所属学会日本金属学会/日本機械学会/The Minerals, Metalsand Materials Societ(TMS)
キーワード数値解析、破壊力学、構造力学

学べる分野

材料工学、機械工学、信頼性工学

社会のために

​当研究室独自の信頼性技術は、工業製品が壊れず、安全に長く使えるようにする設計に用いられています。卒業生は信頼性技術のスペシャリストとして社会で活躍しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室