新エネルギー材料科学研究室

限られた資源の有効活用で産業の活性化に貢献!

当研究室では、資源の有効活用を行うために、分離・回収の研究を行っております。分離・回収技術は、鉱石から材料の源となる元素を取り出す際や、工業製品などの廃棄物から再利用可能な元素を回収する際に用いられ、ものづくりにおいて非常に重要な技術です。当研究室では、分離・回収技術により、使用済核燃料や都市鉱山からレアメタルなどの有用金属を高純度・高効率で回収する技術の開発を行っています。
新エネルギー材料科学研究室多孔性吸着材の二次電子像
工学部材料工学科
担当教員
新井 剛
所属学会日本原子力学会/日本イオン交換学会/資源・素材学会
キーワード低炭素社会、次世代エネルギー、原子力、レアメタル、資源供給

学べる分野

材料工学、エネルギー工学、分離科学

社会のために

使用済核燃料や都市鉱山からレアメタルを回収することで、資源の安定的な供給をめざします。また、分離・回収技術の向上により、環境に配慮した廃棄物処理技術の開発をめざします。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室