応用光化学研究室

ナノ炭素の新材料で、エネルギーと医療に貢献

フラーレン、カーボンナノチューブ、グラフェン等のナノ炭素や、金属のナノ粒子を組み合わせて、電気・熱を通すゴムや樹脂、光を電気に変換する分子、光によって活性酸素を生じる分子等を開発しています。当研究室では、これらが超分子とよばれる分子の塊をつくることで実現できると考え研究を進めています。放熱・導電材料として衛星に使われたり、太陽電池に使われたり、癌を光によって治療する薬剤に使われます。
応用光化学研究室研究で用いられる分子
工学部材料工学科
担当教員
小西 利史
所属学会日本化学会/光化学協会/アメリカ化学会
キーワード医療、太陽電池、複合材料

学べる分野

化学、生命科学、応用化学、材料工学

社会のために

卒業生は、医薬、機器、材料、化学、食品、環境関連、教育関連企業の研究開発はもとより、スーパーや電設などなど・非常に多くの分野で活躍しています。大学院に進学する学生も多いです。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室