先端材料研究室

創造力を鍛え、責任感のある行動を持続的に行う

当研究室では、簡易、低コストかつ環境負荷の小さいプロセスを利用して、材料表面の濡れ性を制御する技術、二次電池の機能を高めるための材料創製技術の開発、アルミニウムやマグネシウムなどの軽量金属材料を高機能化するための技術開発を行っています。また、液中のプラズマを利用した新しいカーボン材料創製プロセスの開発も行っています。
先端材料研究室超はっ水性と構造色を有するマグネシウム合金
工学部材料工学科
担当教員
石崎 貴裕
所属学会表面技術協会/軽金属学会/アメリカ電気化学会
キーワード次世代エネルギー材料、カーボン材料、表面処理、省エネルギー、電池材料

学べる分野

材料工学、表面工学、電気化学

社会のために

研究活動を介して、自浄作用を有するガラスの創製、電池の高性能化による使用時間の向上、自動車軽量化による燃費性能の改善等を行い、使用エネルギーや二酸化炭素排出量の削減に寄与します。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室