生体材料研究室

バイオ物質を「素材」として着目、活用する

当研究室ではDNA、RNA、タンパク質、脂質などの生体物質を「材料」として注目し、その「材料」を加工したり調査する物質をつくろうとしています。例えば、ナノ微細加工技術を駆使した細胞チップの開発、生体膜を利用したバイオセンサーの開発、DNAやRNAを加工する触媒の開発などにチャレンジしています。研究手法として、ナノ材料工学と有機化学の両者を活用しています
生体材料研究室多細胞型人工膜とその支持体の顕微鏡写真
工学部 材料工学科
教授 松村 一成
所属学会 日本化学会/日本ペプチド学会/日本バイオマテリアル学会
キーワード 生体材料、ナノテクノロジー、バイオセンサ、バイオチップ、高分子、生体情報、創薬、人工神経、タンパク質

学べる分野

材料工学、生命科学、応用化学、コロイド・界面化学

社会のために

当研究室で開発する技術は医療素材・理化学機器・医薬品・化粧品などに応用可能であり、理化学機器メーカーと共同で応用技術への展開も行っています。卒業生もバイオセンサや素材開発の分野で活躍しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室