生体分子化学研究室

生命の力と化学の力を融合して新素材を創製

合成による新しい分子の設計と創製により、社会で役に立つ有機分子をつくり出しています。具体的には(1)人工DNAの新しい合成法の開発、(2)人工DNAを用いた細胞内酸化ストレスセンサの開発(3)バイオリアクターを利用した高付加価値分子の迅速合成、(4)細胞を選択的に見分けるプローブの開発を行っています。。
生体分子化学研究室細胞内で光る分子の合成イメージ
工学部材料工学科
担当教員
幡野 明彦
所属学会日本化学会/日本薬学会/有機合成化学協会
キーワード酵素、DNA、有機合成

学べる分野

化学、応用化学、薬学

社会のために

バイオリアクターを利用して高付加価値の薬を簡単、迅速に合成することに成功しており、すでに試薬メーカーから特許出願し、利用されているものもあります。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室