材料設計工学研究室

原子レベルで設計した次世代金属材料を創製する

社会基盤材料として我々の生活に欠かせない金属材料に対してミクロ組織を原子レベルで制御・設計することで高機能化を図る新しいものづくりを進めています。例えば、アルミニウム・マグネシウム合金などの軽量金属材料を自動車用材料として使用するための合金設計や、MRI等で診断可能な医療用ジルコニウム合金の開発など、従来材料よりも優れた特性をもつ新規材料の創製に取り組んでいます。
材料設計工学研究室
工学部材料工学科
担当教員
芹澤 愛
所属学会軽金属学会/日本金属学会/日本バイオマテリアル学会/粉体粉末冶金協会/表面技術協会
キーワード非鉄金属、省エネルギー、自動車、合金、生体材料、積層造形技術、結晶成長、循環型社会、低炭素社会

学べる分野

材料工学、金属工学

社会のために

特性・形状を自在に制御したカスタムメイドな材料創製を通して、省エネルギー化や高齢化社会といった顕在化する社会問題解決に貢献することをめざしています。さらに、自動車会社等との共同研究による技術の実用化を進めています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室