電子機械システム研究室

音を使って社会に役立とう!

音や振動は、情報を伝えるだけでなく、水中で距離を測って位置を求める、振動と摩擦でものを動かすなどさまざまなところで使われています。当研究室では、音と振動を通信、計測、動力に応用可能な装置、システムの研究をしています。回路やプログラム、システムを設計、製作し、シミュレーションにより、研究が社会に役立つことをめざしていきます。
電子機械システム研究室開発水中観測機、隠岐の島へ
工学部電子工学科
担当教員
小池 義和
所属学会日本音響学会/電子情報通信学会/測位航法学会
キーワード超音波、GPS、慣性航法、音響、センサ

学べる分野

電子工学

社会のために

音波を動力、計測、通信に応用して社会に役立てる研究をしています。また、海中の観測・測位に関わる研究も進めており、日本の海洋資源開拓に貢献できる観測装置の開発をめざしています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室