水文学研究室

人と水と地球の未来をデザインする

地球温暖化による洪水リスク推計など、水を中心テーマに地球環境変化と人間への影響について調べています。土木工学の重要な柱の1つに治水と水資源がありますが、水理学はダムの設計など物理学的な側面、水文学(すいもんがく)は気象学や気候学、地理学、農学、人文科学など学際的な側面から貢献している、水と人間の相互作用について研究する学問です。幅広い知識を学び活かしたい人にお勧めです。
水文学研究室地球温暖化時の100年規模洪水の予測
工学部土木工学科
担当教員
平林 由希子
所属学会土木学会/水文・水資源学会/アメリカ地球物理学連合
キーワード地球環境、数値解析、水循環、水資源、洪水

学べる分野

土木工学、環境工学、水文学

社会のために

国や地方、あるいは海外の河川・国土管理、水防災、地球環境対策に使われる科学的基礎データの創出を目指しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室