土質力学研究室

地盤災害から人々の暮らしを守る技術の開発

当研究室では、地盤の特性を調べることにより、地震などによる地盤災害を低減する技術の研究を行っています。大きな地震が発生すると、埋立地などの沿岸部では液状化が発生し、住宅などの建物に大きな被害を与えます。このような液状化などの地盤災害が発生するメカニズムやその防止策について、実験や解析などにより研究を行っています。
土質力学研究室地盤の液状化
工学部土木工学科
担当教員
並河 努
所属学会地盤工学会/土木学会/日本材料学会
キーワード地盤、力学、防災、数値解析

学べる分野

土木工学

社会のために

地震時の液状化予測手法、地震時の液状化を防止する地盤改良技術などに当研究室の研究成果が活用されています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室