交通計画研究室

人の行動調査から有効な交通計画を探る

価値ある交通計画とは、交通機関を利用する人々が安全に、快適に、便利に感じることができ、建設費や維持管理費が安く、新しい交通が半世紀先までも都市の輝きを引き出し、利用していない人々にも喜ばれる計画です。当研究室では、このような交通計画を立てるために、人々の交通行動や、交通整備の地域活性化への貢献度などを数学的に分析し、予測する技術開発を行っています。
交通計画研究室東京圏の都市鉄道計画で研究室の技術を活用
工学部土木工学科
担当教員
岩倉 成志
所属学会土木学会/アジア交通学会(EASTS)/世界交通学会(WCTRS)
キーワード交通計画、人間行動シミュレーション、防災

学べる分野

土木工学

社会のために

研究室で開発した交通需要予測技術は、東京圏の都市鉄道計画などで利用されています。卒業した学生たちの多くは、官公庁(県庁など)やシンクタンク、コンサルタントで実際の交通計画の策定に携わり、大学とも連携して計画の立案を進めています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室