ジオインフォマティクス研究室

空間をまるごとコピーするには?

人工衛星や航空機、ドローン、モバイル端末などを駆使して、「空間をまるごとコピーする」研究に取り組んでいます。社会基盤づくりや災害における課題の可視化や将来予測では、見たものそのままを正確・精細・リアルタイムに地図データ化し、意味付け・解釈することが必要です。測量学に多様な技術を融合させたジオインフォマティクス技術によって、人・モノ・都市の動きを多次元空間で捉えることで、社会基盤の高度化を狙います。
ジオインフォマティクス研究室精密に計測し自動的につくられた三次元地図
工学部土木工学科
担当教員
中川 雅史
所属学会写真測量学会/測位航法学会/土木学会/電気学会
キーワード計測技術、地理情報システム、安心、安全、画像処理、BIM、災害対応、GPS、リモートセンシング、維持管理

学べる分野

測量学、土木工学、環境工学、情報工学、社会学

社会のために

ジオインフォマティクスは、計測、情報通信、機械制御などの諸技術と融合することで、地図サービスだけでなく、建設・防災、環境、政策の分野において、広く利用できる技術を生み出しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室