コンクリート構造研究室

コンクリート構造物の健康診断

現在、高速道路トンネルなどからコンクリート片がはがれ落ち、多大な被害を与えかねない事故が起こっています。メンテナンスフリーといわれたコンクリート構造物の神話も崩壊し、適切な維持管理が要求されています。当研究室ではそのようなコンクリート構造物の異常を検出することのできる非破壊検査技術を利用した監視システムについて開発・研究を進めています。
コンクリート構造研究室研究室夏合宿(葉山セミナーハウス)
工学部土木工学科
担当教員
勝木 太
所属学会土木学会/日本コンクリート工学会/プレストレストコンクリート工学会
キーワードコンクリート、鉄筋コンクリート構造、維持管理、橋梁設計、計測技術、構造力学、セメント、設計、新素材

学べる分野

土木工学、材料学、数学、維持管理工学、コンクリート構造学

社会のために

2007年8月、アメリカのミシシッピ川に架かる橋梁が点検されていたにもかかわらず落橋し、多くの人命が失われました。日本でもこのような突発的な崩落事故が起こる可能性があり、監視を目的としたモニタリングシステムの開発が急務となっています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室