応用電気化学研究室

電気化学界面をつくる、測る、観る

電池やセンサなどのデバイスに応用されている酸化還元反応は電極表面のナノメートルオーダーの薄い層(電気化学界面)で起こるため、デバイスの小型化や高機能化のためには界面構造の制御や界面反応の解析が重要です。当研究室では電気化学の知識や計測手法を用いて既存の反応や界面の問題点を解析・解決するとともに、新しい電気化学界面の設計・製作を行っています。
応用電気化学研究室研究テーマの概要
工学部応用化学科
担当教員
今林 慎一郎
所属学会電気化学会/日本化学会/日本ポーラログラフ学会
キーワードエネルギー変換、レアメタル、表面処理、クリーンエネルギー、サスティナブル、化学、循環型社会

学べる分野

化学、応用化学

社会のために

新しい電極や電解質をエネルギーデバイスや電解に応用するための基礎研究、希少資源の回収技術の開発などを電気化学の手法や知識を使って行っています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室