有機合成化学研究室

新しい右手分子・左手分子の創製

有機分子の中には、右手と左手のように実像と鏡像が重なり合わない分子が存在します。このような分子を医薬品として利用する場合、右手分子と左手分子では効き目が異なることが知られています当研究室では、これまでまったく知られていなかった新たな右手分子・左手分子を創製し、これを利用して右手医薬品・左手医薬品の選択的な合成を行っています。
有機合成化学研究室研究室での一コマ
工学部応用化学科
担当教員
北川 理
所属学会日本薬学会/有機合成化学協会
キーワード有機合成、創薬、不斉化学、医療、化学

学べる分野

化学、薬学

社会のために

右手分子・左手分子の一方を選択的に合成する手法は不斉合成と呼ばれています。当研究室では、医薬品や化学業界で活躍できる不斉合成技術者の養成を目標に研究を行っています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室