分離システム工学研究室

見えないところで役に立つ

ものを分ける分離操作は、お酒の蒸留をはじめ、燃料電池や浄水器などのさまざまな分野で利用されています。そして、これら分離技術を支えるひとつが「膜」になります。当研究室では、膜の開発を行うことで、分離の効率化をめざしています。ものを分離するためには、ナノメートルより小さい穴をあける必要があります。私たちは、こういった微細な技術を確立し、水資源やエネルギーの効率的な利用に貢献すべく、日々奮闘しています。
分離システム工学研究室全自動ガス透過測定装置の構造
工学部応用化学科
担当教員
野村 幹弘
所属学会化学工学会/日本膜学会/分離技術会/水素エネルギー協会
キーワード水資源、水素、環境、セラミックス、地球温暖化、低炭素社会、エコロジー、エネルギー変換、クリーンエネルギー

学べる分野

エネルギー工学、化学工学、材料工学、分離工学、応用化学

社会のために

いつまでもきれいな水が自然に手に入ると思ってはいけない。そういう時に、当研究室で開発した簡易水処理膜を用いれば、いつでもどこでも、きれいな水が飲めるのです。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室