ケミカルバイオロジー研究室

Chemis try in biology

ゲノム情報はわずか2%ほどしかタンパク質に翻訳されません。しかしゲノム情報の90%がRNAに転写されています。未知の生命機能の多くがこのRNAジャングルに隠れていることになります。そしてRNAとさまざまな化学物質(ケミカル)がかかわり、生命の活動を調節しています。私たちは化学を乗りこなしてゲノムの海を渡り、RNAジャングルに眠る宝を探し当てます。
ケミカルバイオロジー研究室ケミカルバイオロジー、入口、出口、回り道
工学部応用化学科
担当教員濱崎 啓太
所属学会日本化学会/日本ケミカルバイオロジー学会/アメリカ化学会
キーワードDNA、RNA、タンパク質、遺伝子工学、タンパク質工学、分子生物学、分光学、分子間相互作用、ケミカルバイオロジー

学べる分野

ケミカルバイオロジー、化学、分子生物学、合成生物学、分光学

社会のために

​細胞内のRNA とタンパク質を操り、これまで化学合成に依存していた生産体系を生合成により再構築することで、地球に負荷のない物質創成をめざそう。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室