分子集合学研究室

分子間力を操り、変化に富んだ結晶空間をつくる

結晶は変化しない固体と思いがちですが、上手に分子間の相互作用を設計すると、自ら形を変えてさまざまな小分子を捉えるダイナミックな材料になります。そこで、効率良く分子を取り込むため、金属イオンとフッ素を導入した新しい分子の合成研究を進めています。美しい色をもつ分子性結晶は予想のできない振る舞いを見せてくれると同時に、環境保全に役立つ新機能を秘めています。
D学科堀先生マイクロ結晶の作成と研究室風景
工学部応用化学科
担当教員
堀 顕子
所属学会日本化学会/錯体化学会/結晶学会
キーワード化学、環境、結晶工学、ナノテクノロジー、有機合成

学べる分野

化学、応用化学、結晶工学、分子工学、材料工学

社会のために

世界は分子にあふれており、役立つものから有害なものまで分子レベルでの取捨選択、環境への配慮が求められています。分子間の弱い相互作用を十分に理解し、取り扱うことが化学の使命の1つです。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室