デザインプロモーション研究室

デザインのノウハウを「見える化」する

実際に仕事としてデザイン開発を繰り返すと「職人の勘」のようなノウハウが多くたまってきます。これを暗黙知といいます。この暗黙知を「見える化(形式知化)することによって多くの人が「よいデザインをするためのノウハウ」がどんなものであるか具体的に知ることが出来ます。当研究室はこうした「暗黙知を見える化」することが主なテーマになります。
デザインプロモーション研究室形式知化するための様々な分析
デザイン工学部
デザイン工学科(生産・プロダクトデザイン系)
担当教員
蘆澤 雄亮
所属学会日本デザイン学会/芸術工学会/人類動態学会/国際P2M学会
キーワードプロジェクトデザイン、事業スキーム、人間中心デザイン、サービスデザイン、システム開発、感性価値創造、地域産業、教材開発、事業形成

学べる分野

デザイン工学、経営情報学、心理学、生活科学、総合科学

社会のために

日々の仕事に追われると、なかなか「暗黙知を形式知化」することができません。暗黙知を分析し形式知化することによって、デザイン・フィロソフィーやデザイン・ビュー・シート、人材育成計画などに活用されます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室