ユーザーエクスペリエンスデザイン研究室

よい体験のための商品やサービスを創造し、 デザインする!

現代は「優れた技術や機能の豊富さ」だけでなく、ユーザーが商品やサービスを通じて得る“体験(エクスペリエンス)”「使いやすさや使い心地・満足感、そして使った後の好印象」を重視した取り組みが大切になっています。ユーザー中心設計(UCD又はHCD)や人間工学の手法を軸に、よりよい体験のためのサービスデザイン、ユーザーインタフェースデザイン等の研究をしています。
ユーザーエクスペリエンスデザイン研究室ペルソナシナリオ法でユーザー体験を可視化
建築学部デザイン工学科(ロボティクス・情報デザイン系)
担当教員
吉武 良治
所属学会日本人間工学会/ヒューマンインタフェース学会/人間中心設計推進機構
キーワード人間工学、ヒューマン・インタラクション、UCD(ユーザー中心設計)、快適性、感性工学、視覚情報処理、消費者行動、インタフェースデザイン、人間中心デザイン

学べる分野

デザイン工学、人間工学、ユーザビリティ工学、認知心理学、心理物理学

社会のために

ユーザー中心設計や人間工学等のノウハウ、手法を活用し、使いやすく、魅力的な受容性の高い商品やシステム、サービスの企画、設計に貢献しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室