ソフトウェアデザイン研究室

現代社会を支えるソフトウェアを正しくデザインする

今や社会のいたるところにソフトウェアが組み込まれています。目に見える建築物で設計(デザイン)が重要なように、目に見えないソフトウェアもそれを正しく設計することが重要です。では、目に見えないものをどのように設計すれば良いのでしょうか?また、その正しさをどのように確認すれが良いのでしょうか?このためのさまざまな方法を研究し、現在社会を支えるソフトウェアの品質の向上をめざしています。
ソフトウェアデザイン研究室ソフトウェアの設計と検証を行うツール
デザイン工学部
デザイン工学科(ロボティクス・情報デザイン系)
担当教員
野田 夏子
所属学会IEEE/情報処理学会/日本ソフトウェア科学会
キーワードソフトウェア、モデリング、組込みシステム

学べる分野

デザイン工学、情報科学、情報工学

社会のために

さまざまな電化製品や乗り物などに組み込まれるソフトウェア、あるいはビジネスを支えるシステムを動かすソフトウェアを設計する際に利用されるツールや手法に適用されます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室