プロジェクトデザイン研究室

建築プロジェクトで社会貢献を目指す

当研究室では地域、途上国、災害復興などに関わる様々な社会問題に対して、幅広い建築学の知識をベースに、建築プロジェクトによって世の中の問題を解決する方法を模索します。テーマには「環境破壊(公害や汚染)による暮らしの破壊と、それを克服する生態系再生・エネルギーシフトの試み」、「天災による街や家屋の破壊と、そこからの再生・復興」、「国際問題に対する建築的なアプローチ」などがあります。
プロジェクトデザイン研究室環境に配慮した実践型建築プロジェクト
建築学部建築学科(AP・SA・UAコース)
担当教員
山代悟・岡野道子
所属学会日本建築学会/日本建築家協会
キーワードプロジェクトデザイン、建築設計、建築デザイン、環境改善、災害復興、国際貢献、地域コミュニティ、都市再生、都市デザイン

学べる分野

建築学、住居学、環境工学、デザイン工学

社会のために

例えば、国内の空き家利活用、高齢者対応住宅、災害対策、発展途上国での急速な都市化とそれに伴う環境破壊などの課題に対して、様々な建築的な知識をベースに解決策を提示していきます。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室