建築・都市環境設備計画研究室

エネルギー・環境から建築・都市の未来を探る

わたしたちが暮らす住宅・建物、その集まりである都市はエネルギーにより機能します。エネルギーに起因する地球温暖化や災害時の停電等による都市機能の麻痺対策は、今後の建築分野における大きな課題です。わたしたちの研究室では、エネルギーや環境の面から次世代の建築・都市の姿である「スマートコミュニティ」の将来像を探るとともに、それを支える環境設備の計画手法を研究しています。
建築・都市環境設備計画研究室都市のエネルギー需要構造をレゴで模型化
建築学部建築学科(AP・SA・UAコース)
担当教員
村上 公哉
所属学会日本建築学会/空気調和・衛生工学会/都市計画学会/エネルギー・資源学会
キーワードサスティナブル、省エネルギー、都市計画、地域計画、都市環境

学べる分野

​●建築学
●環境工学
●エネルギー工学

社会のために

住宅や建物の冷暖房・給湯や電気などのエネルギー効率を高める建築や地域エネルギーシステムの計画・設計技術に活用されます。卒業生は、設計事務所、建設会社やエネルギー会社の設備設計技術者として活躍しています。

研究テーマ

関連リンク

関連する研究室